TOP

エリア
(ゲーム作品)



北斗の拳のゲーム作品に登場するエリアの紹介。

≫北斗の拳3
≫北斗の拳4
≫北斗の拳5
≫セガサターン
≫PC-88版
≫オンライン


北斗の拳3 -新世紀創造 凄拳列伝-


リュウケンの部屋
ゲームのスタート地点。何故か生きているリュウケンより、旅に出るよう言われる。

メサイア
リンとバットがいる村。キングに狙われている。サザンクロスの北に位置している。

ミノーリ
ミスミがいる。ジードにたねもみを奪われて落ち込んでいる。ジードのアジトの北西にある。

ジードのアジト
ジードのアジト。倒すと種モミを獲得。ミノーリの南東にある。

サザンクロスへの抜け道
サザンクロスへ抜けるための道。道中にスペードとダイヤが現れる。

サザンクロス
KINGの居城である「南斗の聖殿」がある町。心を蝕まれた悪人達が巣食う街であり、10ドルの宿屋と20ドルの宿屋があり、10ドルのほうに泊まると所持金の半分を奪われトンズラされる。

南斗の聖殿
KINGの居城。シンの部屋の前でクラブが、部屋の中でハートが襲ってくる。その後、シンと対決。

オアシス
水や食糧の豊富な街。村の若い女性達はゴットランドに拐われたという。
優しい歌声を持つアイリも連れ去られ、彼女の兄であるレイが探しに旅に出た。

ゴットランド
ゴランのアジト。オアシスの北にある。ゴラン、マッド、カーネルが出現する。倒すと奥にいる拐われた女達を救出できるが、アイリは既に牙一族に売られた後で、レイもここを突き止めたが、アイリが居ない事を知り、再び旅に出た。

グリムタウン
マミヤのいる村。牙一族を倒してくれるよう頼まれ、依頼を受ければ村の中へ入れてもらえる。南斗水鳥拳のレイは、村人の家に居候している。
後に拳王がおとずれ、レイと戦う。

グリムの塔
ユダがマミヤを人質にとり立て篭もる。ダガール、ユダと闘う。

牙一族のアジト
牙一族のアジト。グリムタウンの西の山奥にある。

ベナルドタウン
ジャギのいる町。村人は皆ケンシロウを恐れている。カサンドラの南に位置する。

ジャギのアジト
ジャギがいる。

ペルーネ
トキ(アミバ)がいる街。

トキの館
アミバがいる。ハブがいる。ジャッカルもいるが、トキを監獄に入れたといって立ち去る。アミバを倒すと、ヤスヒデなる子供を助け出す事が出来る。

ビレニイプリズン
ベナルドタウンの酒場からの抜け道を通ることでいける。フォックス、デビル、ジャッカルがいる。倒すとカサンドラのカギを獲得。

カサンドラ
トキが捕われている監獄。ベナルドタウンの北にある。入り口には門番(ザコル)。
ビレニイプリズンでカギを手に入れなければ入る事が出来ない。
トキの捕われている塔に入るとウイグルと戦闘。トキを救出し、仲間に。

南斗の都
シュウのいる町。南斗の聖殿から南へ行く抜け道を通ると行く事が出来る。

南斗の砂漠
聖帝十字陵がある砂漠。

聖帝十字陵
正面にサウザーがいる。

コウリュウの洞窟
聖帝十字陵の近くにある洞窟。コウリュウがいる。

シュウの街
南斗の都の南東にある街。ラオウからの伝言が届いている。船に乗るとトキの故郷にいける。

トキの故郷
シュウの街から船に乗るといける。ラオウとトキが闘う。

五車の村
五車星の村。

南斗最後の将の塔
五車の村の南西にある。リハクから、将の正体を教えられる。
入り口にいるフドウを仲間にして中に。ラオウと闘うとリハクの爆弾が爆発。ラオウはユリアを連れて逃げる。フドウはその跡を追う。

北斗練気闘座
ケンシロウとラオウの決着の場。着くとフドウは既にやられている。

元斗の街
第二部のスタート地点。始まるともうバットとリンが仲間になっている。

アインの村
アインの村。賞金稼ぎのタワバがアスカを人質にとって立て篭もっている。

バスクの郡都
バスクが支配するエリア。アインの村の北にある。バロナ、バスクと戦闘。アインはバスクと手を組んでいるが、アスカを助けてくれた例だといって仲間になる。

ゲイラの郡都
ブゾリ、ゲイラがいる。倒すと中央帝都への階段が現れる。

中央帝都
ソリア、シーノ、ジャスク、ファルコ、ジャコウと戦い、ルイを救出する。その後、ジャスクがリンをサラって逃亡する。

リハクの港
リハクの船があったが、ジャスクに奪われてしまっている。小船にのって海に出るとすぐに赤鯱が現れ、海賊船に乗せてくれる。なお、バット、アインとはここで別れる。

ボロの村
闘いに敗れ、死に切れなかった者達が集う村。いつか修羅の国を救ってくれると思っていたラオウの死に、絶望している。
かつてカイゼルに敗れ両足を失ったボロから、カイゼルの抹殺を依頼される。

カイゼルのエリア
カイゼルの城。ボロの村の西にある。修羅、アルフ、カイゼルとバトル。

ラビアン
レイアの街。ボロの村の北西にある。宿屋にいるボロに話しかけると、シャチが正体を現し、赤鯱からの手紙を見て、ケンシロウに羅将ハンの抹殺を依頼。ボロに化けて通っていたというハンの城への抜け道を教えてくれる。

ハンの城
ハンの城。ラビアンからの抜け道でいける。

ジュウケイの館
ジュウケイの住みか。ラビアンの東にある。館の中の抜け道を越えると沼で、そこを超えるとヒョウの城が見える。抜け道の中にジュウケイがおり、ヒョウの倒し方を教えてくれる。

ヒョウの城
ヒョウの居城。ジュウケイの館からの抜け道でいける。城を抜けると羅聖殿に出る。

黒夜叉の洞窟
黒夜叉のいる洞窟。ヒョウの城の北にあるヒョウの記憶を取り戻すための秘孔呪醒文を、黒夜叉から伝授される。

羅聖殿
ヒョウとバトル。

泰聖殿
羅聖殿を抜けた先にある。中の女人像の前で詞宝林を突くと聖塔が現れ、シュケンの声が聞こえる。

カイオウの城
カイオウの居城。泰聖殿の北西にある。ギョウコ、ゼブラ、カイオウとバトル。


北斗の拳4 -七星覇拳伝 北斗神拳の彼方へ-



マレード
北斗4主人公の生まれ故郷。やすらぎの村と呼ばれる。主人公が修行を終えて村へ戻ると、盗賊たちに壊滅させられており、母親は主人公が宿命を背負った子であることを明かし死亡。主人公は悪への憎しみを心に刻む。村の中には風丸がおり、主人公が北斗宗家の物であることが明らかになった後に仲間になる。グリーンシアの息子家族が死神隊に襲われており、助けるとグリーンシアにいけるようになる。

モンパサ
北斗の村の跡地。かつて北斗の四兄弟がいた村。後に覇拳王の手によって壊滅させられる。

修練聖堂
かつて四兄弟が修行したという場所。地下からは毎晩リュウケンの亡霊の嘆き声が響いている。シュケンの杖を使うと、リュウケンの声によって主人公が北斗神拳の奥義に目覚める。

トキの墓
トキが眠る墓。この墓の前で覇拳王と戦った主人公は完敗を喫するが、トキの声によって目覚め、ケンシロウを蘇らせる秘孔、蘇生七星孔を体得。
そして二つに割れていた、水晶殿にはいるための北斗の秘宝がひとつにあわさる。

デカンの城
北斗神拳伝承者を自称するデカンの城。倒すとシュケンの洞窟の鍵を獲得できる。

シュケンの洞窟
デカンを倒して手に入れた鍵で中に入ると、シュケンの杖を獲得できる。
北斗に詳しい老人から、主人公が北斗宗家の血を引く人間であることを教えられる。

グリーンシア
緑の町と呼ばれる地。
長老は占い師であり、死神三兄弟に奪われた三つの宝剣を取り戻すと、ケンシロウの行方を占ってくれる。更に火薬屋のボムが爆弾で岩を破壊し、南への道を作ってくれる。後にハンジャーの一味に襲われ、ボムの妻を含む村の女たちが連れ去らわれてしまう。

グリーンシアの裏山
グリーンシアの町の裏山。死神三兄弟のアジトであり、彼らを倒すと三つの宝剣を取り戻すことができる。かつてユダが隠れ家として使用していた場所も別にあり、カギを使ってそこに入ったハンジャーは、さらってきた女たちを監禁し、ハーレムを作っている。再び現れる死神三兄弟や、ハンジャーの影武者であるレギムなどを倒したのち、女のひとりに化けていたハンジャーと対決。撃破後、女たちは解放される。

リハクの洞窟
海のリハクが弟子たちに拳法を教えている洞窟。ケンシロウがいたが、少し前に水晶殿へと旅だったことを教えてくれる。

バハモン
北斗修行の森。リュードが北斗神拳の修業をしており、主人公たちの仲間になる。情報屋のジョーがケンシロウの居場所を教えてくれるが、ケンゴロウの間違い。

レジェンダ
思い出の村と呼ばれる地。村のはずれにミスミの畑がある。ケンゴロウという名の紛らわしい用心棒がいる。

南斗の大陸への洞窟
南斗の大陸へと続いている洞窟。番人がおり、北斗宗家の人間が二人以上いれば通してくれる。練気闘座からきたという黒王号がつながれており、風丸の通訳で、主人公たちの仲間になってくれる。洞窟の奥には旅商人ドーメルなる男がいるが、実は裏南斗の刺客であり、もらった宝箱をあけると彼の支配するゴズデーュムの牢獄の中へと落ちてしまう。

南斗の大陸
南斗聖拳が栄えた大陸。現在は裏南斗の手に落ちている。

ゴズデーュム
裏南斗のドーメルが獄長を務める牢獄。旅商人に化けたドーメルが罪もない人を次々とぶちこんでおあり、主人公たちも罠にはまってここへと囚われてしまう。囚人の中にいる情報屋のジョーに扉を開けてもらい、牢から脱出した主人公たちは、奥にいるドーメルを撃破する。

スイチョウの村
義の村と呼ばれる、南斗水鳥拳先代伝承者レイの墓がある村。墓を調べるとレイの肩当てを獲得できる。南斗水鳥拳は、この村に住むルギーが伝承しているが、最初に村に訪れた時点では修行に出ており不在。だが後に村はザワラ部隊の襲撃を受け、廃墟となってしまう。主人公たちがその場に訪れた時、修行を終えて帰還したルギーと鉢合わせ、村を壊滅させた犯人と疑われ、戦いに。勝利後、旅ガラスのアケビより真実を伝えられたルギーは、主人公達の仲間に加わる。

ピュアビレッジ
せせらぎの村と呼ばれる村。かつてアインのおかげで水が引かれて村が生まれたが、今はバラムが上流にダムを作って水を止めてしまったため、せせらぎが無くなってしまっている。かつてはせせらぎ草が生い茂り、それが育つとせせらぎの実がとれていた。のちに主人公たちがダムを破壊したおかげで水が戻るが、直後にザワラ部隊の襲撃を受け、村は半壊させられてしまう。更にその後にはハンジャー一味にも襲撃され、村の女が連れ去らわれてしまう。

アスカの家
アインの娘アスカが住んでいる家。婚約者のジェイムがバラムを倒すといって出て行ってしまったため、その帰りを待っている。ジェイムはバラムに殺されてしまうが、アスカは泣いては父とジェイムが悲しむと言って涙は流さない。後にハンジャー一味が村を襲撃し、彼の部下のデラスによって連れ去らわれそうになるが、主人公たちによって救われる。

バラムの城
バラムの居城。ガドラを倒して鍵を手に入れると入ることができる。城の中にはアスカの婚約者のジェイムがいるが、既にバラムに倒されてしまっている。アスカへの遺言を受け取ったのち、バラムと対決。撃破後、アインの手袋を獲得できる。

ガドラのダム
ガドラが村人をこきつかって造り上げたダム。ピュアビレッジに流れる川をせきとめており、水流は大岩によってとめられている。中にいるガドラを倒すとバラムの城に入るための鍵を獲得できる。アインの手袋を手に入れてから訪れると、大岩を粉砕し、水流をもどすことができる。

南斗希望の洞窟
ザワラの砦へと繋がる洞窟。南斗の従者がおり、南斗聖拳の伝承者がいないという理由で通してくれない。ルギーを仲間にした後に来ると、既に従者は殺されてしまっている。

ザワラの砦
ザワラがおさめる砦。最深部にいるザワラを倒し、スイチョウの村の人々の仇をとる。

クロスタウン
南斗大陸の首都。メルドの片腕・ギョーブに支配されており、逆らったものは、町にある闘技場で死ぬまで戦わされる。よく当たるという占い士がおり、主人公たちが占ってもらっていると、突然店にギョーブ部隊が襲来。皆が毒針で動けなくなるなか、残されたリュードはその剛拳でギョーブ部隊を圧倒。だがその強すぎる闘気に、占い士や店の客をも巻き込まれて死亡してしまう。メルド死亡後にはハンジャーの襲撃を受け、村の女達が連れ拐われてしまう。

闘技場
裏南斗が仕切る闘技場。逆らったものをここでで死ぬまで戦わせている。妹のマミルを人質にとられた南斗白鷺拳のジンギもここで闘わされており、延々と勝ち続けている。メルドを倒し、マミルを助けることによって晴れてジンギも解放され、その後主人公たちの仲間になる。

ギョーブの城
ギョーブの城。将来部下にするために捕えた男の子たちを地下に監禁している。ギョーブを倒すと解放される。

サウスバース
南斗発祥の村と呼ばれる、かつての南斗聖拳伝承者達の修行の地。レイが修行をしていた場所であり、断己相殺拳もここで会得したという。村人達はガルシアの毒を飲まされ、動けなくなっている。医者のゴリンが解毒の薬を作ったが、ガルシアに捕われてしまっている。町の外には長靴を履いたしゃべる猫ペロがいる。墓を調べるとぺろのながぐつを獲得できる。

南斗最終奥義の修行の場
南斗水鳥拳の最終奥義を習得するための修業の場。だがここを管理する南斗守護三人衆はガルシアの毒によって動けなくなっており、彼らの体が邪魔となって入ることができない医者のゴリンを救出し、解毒薬が出回ることによって入れるようになる。修行の場に赴くと、レイの言葉が響き、ルギーが断己相殺拳を体得する。

メルドの城
メルドの居城。メルドと、彼の部下であるガルシアがいる。ガルシアを倒して医者のゴリンを解放すると、サウスバースで毒を飲んだ人々が動けるようになる。メルドにはルギーが断己相殺拳を使うことで勝利できる。だがその反動でルギーのからだもボロボロになり、あとはスイチョウの村で療養すると言って仲間から離脱。主人公。37ポイントの哀しみを背負う。

イベリアの町
赤蠍(あかさそり)に支配されている村。村人達は毎日貢物や子供を差し出されており、できない者は売られてしまうのだという。

赤蠍の城
主人公の村を襲った赤蠍の居城。彼を倒し、母親の仇を取る。

デスロレンス
裏南斗悲運の将が支配する街。だが悪の根源と言われる悲運の将は、村人達には一切手出しをせず、その者の姿を見たものは誰もいない。村の中には悲運の将の親衛隊長レガンがおり、主人公たちの行く手を阻むが、城は木に遮られて入れない。

悲運の将の城
裏南斗悲運の将の居城。木に遮られて入ることができないが、ガルグを倒したのち、その城の奥にある穴からワープすることで入ることができる。だがその後、リュードは、裏南斗達を信じることはできないと言って主人公パーティーから離脱。入り口を遮る木を吹き飛ばし去る。玉座の間にいる裏南斗悲運の将はガルグによって記憶を奪われているが、ユリアの聖水を使うと快復。将から、水晶殿が白泪の谷にあることを教えられ、そこに入るための慈母の星を受け取る。

ガルグタウン
大凶星の町。ガルグが支配している。

ガルグの城
大凶星ガルグの城。部下のベルシダもいる。町の長老を処刑しようとしていた死刑執行人ベルシダを撃破したのち、主人公がガルグとの一対一の対決に臨む。しかし北斗神拳が通用せず、主人公は敗北。天将鳳拳を体得したあと、再戦に臨み、勝利。その後、同行していたカインが、自らが裏南斗五車星のひとりであることを明かし、城に捕らわれていたマキシ、ランザ、カラム、ジャクシといった仲間たちを解放。裏南斗悲運の将がガルグに操られていた事を主人公に告げる。

十字陵
聖帝十字陵のある島。主人公がサウザーの拳を会得するために訪れる。

サウザス
南斗将の村の跡地。かつてケンシロウが南斗十人組手を行った地でもある。村は裏南斗六聖拳の一人デルモンが支配している。

十字陵
かつてサウザーが造った己と師オウガイの墓。入り口には裏南斗白豹拳のデルモンがおり、ジンギが南斗十人組手を勝ち抜ければ中に入れることを約束する。だがジンギが試練をクリアした途端、デルモンはジンギの目の光を奪い逃走。そのまま入り口を封じてしまう。その後、シュウの記念碑の中にある階段から中へと入り、ジンギがデルモンと対決。ジンギは勝利の果てにその命燃え尽き、主人公は45ポイントの哀しみを背負い、無想転生を体得する。最上階にはサウザーとオウガイの亡骸があり、サウザーの霊から、主人公が南斗鳳凰拳最終奥義 天将鳳拳を授けられる。その後、ガルグを倒したいというカインなる男が現れ、主人公たちの仲間に加わる。

シュウの記念碑
かつて聖帝十字陵の頂点に積まれた聖碑。その中に、シュウの記念碑が建立されている。中にある記念碑に触れると、シュウの声が響き、ジンギが南斗白鷺拳最終奥義、黄明醒破を体得。更に記念碑が崩れ、その下から聖帝十字陵の中へと繋がる階段が出現する。

リブショーキ
ユリアの眠る地。かつて元斗皇拳のショーキが治めていた村。盗人が宝と一緒にユリアの墓地に入る鍵を盗んで逃げたというので追跡すると、盗人を追い詰めるリュウと遭遇。主人公の仲間に加わる。その後、元斗琉拳のフラジがあらわれ、鍵を強奪。しかし主人公達に敗れる。

ユリアの墓地
ユリアの墓がある場所。フラジを倒して墓地の鍵を手に入れると入ることができる。墓を調べると、ユリアの聖水を獲得できる。

白泪の谷
ケンシロウが眠る水晶殿がある谷。黒夜叉がいる。慈母の星を使うと橋が出現し、谷を渡ることができる。水晶殿の扉の死兆星を北斗の秘宝で埋めなければ中には入れない。

メサイア
リンの村。しかしバット不在の間に村は元斗琉拳のドッケルに支配され、リンは魔道の島へとさらわれてしまっている。村人達はドッケルに処刑され、その大半が殺されてしまったらしい。

ドッケルのアジト
ドッケルが支配した村の城。村人を処刑しようとしていたところにバットが乱入し、身代わりに名乗りでる。その後、主人公たちがドッケルを倒し、バットを救出。

ロザリア
金色の村と呼ばれる地。かつてファルコが治めていたという村。村は海賊のオウパ部隊に支配されているが、ミッシュがそれを蹴散らしている。その後、ミッシュが仲間に。村にある雑貨屋は、仲良し三兄弟(かつての死神三兄弟)のホワイトとレッドが経営している。魔道の島の研究家がおり、海賊船のようなものがないと魔道の島には入れないことを教えられる。

オウパのアジト
海賊オウパのアジト。オウパは月に一度このアジトへと帰ってくるらしい。魔道の島に渡るために海賊船にのりたいと主人公が申し出ると、貢物を持ってこいと言われ、それを拒否しバトルに。勝利すると、海賊船を貸してくれる。

魔道の島近海
主人公がオウパから借りた海賊船で魔道の島に向かっていると、別の船に乗ったオウパが出現。主人公達の乗る船に船体をぶつけ、沈没させる。主人公たちは溺れかけるが、仲良し3兄弟のブルーがイカダに乗って登場。助けてくれる。

魔道の島
かつて修羅の国と呼ばれた島。その昔、元斗皇拳の使い手達が村を訪れ、北斗琉拳の残党達を滅ぼしたが今度は彼等が魔界に入ってしまい、元斗琉拳を創始。彼等の手によりカイオウ亡き後の平和は失われ、この島は元斗琉拳に支配されてしまっている。島は、魔天王の強すぎる魔闘気によって山肌が削られ、悪魔の顔の形をしている。死神三兄弟のブルーのイカダにのって、島の北側へと上陸し、そこからブルーが掘った島の内部へ続く抜け穴へ通ることで入ることができる。

マドータウン
元修羅の村と呼ばれる地。リンを連れて行った、元斗琉拳の一人、赤い抹手のアシモフについての話を聞くことができる。

ラフレンス
夕凪の村と呼ばれる地。魔闘気を晴らす北斗の鏡なるものがある。村人たちは、元斗琉拳のゲラの魔術にかかり、意識を光なき世界に閉ざされ、昼間なのに闇に怯えてしまっている。ゲラを倒すと、長老から北斗の鏡をもらえる。

ゲラの城
青い抹手のゲラの居城。ゲラを倒すと、ラフレンスの村の人たちを魔術から解放することができる。

アシモフの城
アシモフの居城。魔闘気のバリアが道を塞いでおり、中に入ることが出来ないが、ゲラを倒して北斗の鏡を使うことでバリアを除去することができる。リンが捕らわれているはずだったが、既にサガンの城へと移送されてしまっている。

ヒューストーン
奈落の町と呼ばれる、ゲージの魔闘気がみせる幻の中に存在する街。谷を渡るため、峡谷にかけられた橋を渡ろうとしたその瞬間に迷い込むが、谷も橋もすべては幻影であり、村の中には死んだ筈のジンギの姿もある。ゲージを倒すと全て消失する。

ゲージの城
ゲージの居城。倒すとゲージの魔闘気による幻が消える。

サガンの城
元斗琉拳の創始者であるサガンの居城。入り口にはリハクがおり、主人公達を激励してくれる。リンを取り戻すためにサガンと戦い、勝利。その後、ミッシュの口より、自分がファルコの遺児であり、サガンが偽の元斗皇拳伝承者で、母ミュウの仇であることを明かされ、ミッシュは正式な元斗皇拳伝承者となる。その後、魔天王が現れ、サガンを吹き飛ばし、いつか主人公と闘える日を楽しみにしていると言い残し去る。奥に捕われていたのはリンの姉のルイで、彼女の口より、リンは魔天王に捕われてしまったことを聞かされる。

マテンランド
天帝拳の村と呼ばれる、魔天王が支配する村。

魔天王の城
魔天王の居城。侵攻隊長のロドスを撃破した後、主人公は魔天王との一対一の対決に臨むが、その剛拳の前に敗北。天将奔烈を体得した後、再戦に
臨み勝利。リンを救出する。


北斗練気闘座
北斗神拳にとっての聖地。ラオウの石像が建立されており、それに触れると、魔天王との戦いで傷ついた主人公が、ラオウの闘気で蘇る。その後リュウは、主人公と戦い、その身体に剛拳を刻み付ける事で、魔天王を倒すための剛拳・天将奔烈を体得させる。その後、リュウは自らの手首の腱を切り、拳を捨てる。リュウは主人公パーティーからはずれ、かわりにルギーが仲間に再度加わる。

水晶殿
白泪の谷にある宮殿。ケンシロウが眠っている。リンとルイからもらう北斗の秘宝が一つに合わさる事で入る事が出来る。主人公達が入ろうとすると、覇拳王が現れ、その行く手を塞ぐが、風丸が自害してその覚悟を見せることで、覇拳王は去る。最深部に眠るケンシロウに蘇生七星孔を突いて目覚めさせた後、主人公と対決。勝利後、北斗神拳最終奥義を授けられる。その後、風丸にかわり、黒夜叉が仲間に。

覇拳王の城
覇拳王の居城。白泪の谷に突如出現する。城の入口には、すでに肉体が死んでいるはずの風丸がおり、最後の力で北斗神拳の栄光を願い果てる。黒夜叉、44ポイントの哀しみを背負い、秘孔 蘇生破を体得する。
城の奥で待つ覇拳王と、主人公は最後の戦いに臨み、その戦いの中で覇拳王の兜が割れ、その正体がかつての仲間であるリュードであることが明らかに。リュードの拳の前に一度は倒れるが、主人公は天の声を受けて再び立ち上がり、勝利。その後リュードは、ケンシロウと共に、北斗の男たちが眠る地へと去る。



北斗の拳5 -天魔流星伝 哀★絶章-


セレーネ
主人公の育った村。主人公が恋人と結婚式を挙げようとしていたところに、魔皇帝軍のゲシュラーが現れ、恋人が連れ拐われてしまう。

レストリバー
かつてミスミが作ったという畑がある村。村は魔皇帝軍 群青の一族に占領され、食糧は魔皇帝への貢物となってしまっている。牢屋に捕われている村人達を解放すると、大工のゴンザから紙の水雲をもらい、川を渡ることができるようになる(要 水丸)
後に、オウガイの遺書を盗んだスパンジャーがこの町に逃げ込み、主人公達に倒される。スパンジャーが遺書を川に投げ込んでしまうため、しのびの水雲を使って渡り、回収する。その場所にはマビイとミトがおり、久しぶりに主人公達と再会する。


リュウケンの洞窟
リュウケンと水丸が住む洞窟。魔皇帝軍が攻め込んでおり、リュウケンはザリガーとの戦闘中に心臓発作を起こして敗北。仇をうたんとする水丸が主人公の仲間になる。

アスミント
魔皇帝軍 郡青の一族に支配されている村。赤いイナズマなるレジスタンス部隊の噂などを聞く事が出来る。後に、オウガイの遺書を盗んだスパンジャーがこの町に立ち寄るが、主人公達が来る前に逃げてしまっている。

ペルネイル
ゲルバに支配されている街。村人達は、地獄耳のガジランから喋るなと命令じられており、一言も喋ることができずにいる。酒場ではマビイが絡まれており、村の中ではアインが、行方不明になったアスカを探し回っている。
ゲルバ撃破後、東に向かう主人公達のため、リハク軍が川に入って人間橋となり、主人公達を向こう岸へと渡してくれる。
道具屋のペッケルは、かつてゲシュラーの義手を作った男。義手はゲシュラー城に入るための鍵でもあるので、アルパニア鉱石と、ゲシュラーが落としたという金属を渡すと、一日でこしらえてくれる。

ゲルバ城
ペルネイルの中にあるゲルバの城。しかし入るにはゴミ捨て場から掘られた抜け道を通るしかない。城の前には黒夜叉がおり、主人公達の仲間に加わる。城の中には、道具屋ペッケルやマミヤなどが囚われている。
城の奥でゲルバ軍と対決。ゲルバは大軍で主人公たちを圧倒しようとするが、海のリハク、風のヒューイ、炎のシュレンらが救援にかけつけてくれる。ゲルバとの戦闘中、イナズマの覆面が取れその正体がレイであることが明らかになり、マミヤと再会する。

ホテル街
赤いイナズマのアジト。一見ただのホテル街だが、マビイから教えられた「明日の光」という言葉を読み上げると、奥の部屋に通してもらえる。ボスのイナズマの正体はレイ。
中には、魔皇帝軍に襲われていたところを助けられたアスカが匿われている。

ゴミ捨て場
赤いイナズマが、ゲルバに入るための抜け穴を掘っている場所。通り穴は大岩に遮られているが、アインが壊してくれる。しかしアインはその壊れた破片から主人公をかばって死亡。
道中、地獄耳のガジランがたちふさがる。

リハクシチー
リハク軍の本拠地。町はリハクが色々な仕掛けを施しているため住みにくいらしい。村にある小屋の中にはマミヤとアイリが匿われている。
恋人救出後、彼女もここで匿われるが、魔皇帝軍に急襲され、風のヒューイと炎のシュレンは死亡。リハクの罠でなんとか逃げ延びるも、恋人は、息子をかばった際に致命傷を負い、主人公が駆けつけると同時に死亡。主人公の息子は、母の仇をとるために拳を学びたいと言い、レイと共に旅に出る。
後に、リハクがオウガイの遺書を持っていることが明らかになるが、主人公達がとりにきた時には、スパンジャーに盗まれてしまっている。

ハーキュリー
魔皇帝軍に支配されている村。だが兵士達は皆ラオウに秘孔を突かれ、既に死んでいる。

ゲシュラータウン
群青一族の将軍、ゲシュラーが支配する街。
ゲシュラーの部下のグラントが、自分に賞金1万ジュドルをかけて対戦相手を募集している。タツ、キタオ、ダイソンの三馬鹿が倒された後、主人公達も敗北するが、ラオウが現れてグラントを一蹴。ラオウ去った後にトキが現れ、主人公の仲間に加わると共に、黒夜叉が離脱する。
村の地価にはゲシュラーの秘密工場があり、元F1のチーフエンジニア達が、改造バギーを作らされている。ゲシュラーを倒すとそのバギーをもらえる。

ゲシュラー城
群青の一族のボス、ゲシュラーの城。入口の扉はふさがれているが、ペッケルにゲシュラーの義手を作ってもらうと、それを鍵にして入る事が出来る。
ゲシュラーを倒すと恋人と再会できるが、それは良く似せてつくられた人形。奥にはゲシュラーのナンパを断ったという理由で監禁されていたマビイがいる。遅れてやってきたジュウザはマビイをナンパし見事にゲットする。

ゼネッタ
ゲシュラー城の扉の秘密や、アルパニア鉱山についての話が聞ける。


アルパニア鉱山
アルパニア鉱石を採掘するため、魔皇帝軍が支配している鉱山。だが兵士達はジュウザによって既に倒されている。最後の鉱石は既にジュウザの手に渡ってしまっており、残っていない。

フリークレセント
ジュウザの街。中はジュウザが悪党からかっぱらってきた女達がたくさんいるが、全員子持ちであるらしい。ジュウザは女達にご馳走するためにアルパニア鉱石を道具屋に売っぱらっていたので、道具屋から50ドルで鉱石を買い戻すことができる。美しいという旅芸人のマビイの噂を聞いたジュウザは、彼女を自分の女にするため旅立ってしまう。
その後はマビイもここで暮らしていたが、暫くの後に愛想をつかして別離。最終決戦の前にはマビイがジュウザに力を貸してほしいと呼びにいき、ジュウザは気ままに生きたいとこれを断るも、周りの女達からのブーイングを喰らい、二世たちの仲間に。

橋小屋
魔皇帝軍が支配する吊橋。渡る途中に橋を爆破され、谷底へと落とされるが、ジュウザがロープを投げて助けてくれる。その後、魔皇帝軍の男が橋のかわりにされる。

ブラッドメリア
漆黒の一族に支配されている地域にある村。村の南には、魔皇帝軍が作った呪いの霧が広がっており、望遠鏡を覗くと、霧の中にリンの街を確認することが出来る。

ルイリベラー
天帝ルイのいる町。

ルイの隠れ家
ルイがいるが、漆黒の一族のギルガーに襲われ、眼の光を失っている。後にシュウとシバが、二つの仁星の光により、ルイの眼を回復。その時、背後にある巨大な鏡にリンの顔が映り、ルイはリンのいるメサイヤへ向かうよう告げる。
後に魔皇帝が現れ、ルイを天帝の聖地へと連行する。

天帝の聖地
ルイリベラーの街中にある、天帝の聖地。ルイとリンを連れ去った魔皇帝が、主人公を待っている。中にはラオウや、その弟子となっていた主人公の息子もいる。
主人公、魔皇帝との一対一の戦いに臨み、敗北。闘いの凄まじさを目撃した息子は、父の後を継ぎ生きる事を誓い、主人公は己の拳と魂を息子へと託し死亡。
後に主人公の墓が作られ、最終決戦の前に二世はここに墓参りに訪れ、ラオウと遭遇。仲間になってくれる。

ハクロノースト
シュウの街。シュウの留守中に漆黒の一族が襲来し、シュウの家に放火。主人公達は家の中からシバの祖母を助け出すが、ルイからの使いの男は死亡。漆黒一族を追い返したシバは、シュウの加勢にいかんと、主人公達とギルガー城で待ち合わせることに。

ギルガー城

ギルガーの城。堀で囲まれているが、なわの水雲があれば入る事が出来る。
地雷が埋まっていて進めなくなっている通路にシバが特攻し、死亡。シュウはシバの心に報いるため、単身ギルガーとの闘い、勝利する。

メサイヤ
リンの街。ギルガーを倒すことで霧の一部が晴れ、いけるようになる。

天帝の館
リンがいる館。主人公は、リンの生き別れの弟であり、この世に光を取り戻すため、北斗、南斗、元斗の拳士と共に魔皇帝と戦わねばならない宿命を持っていたことが明かされる。主人公には、霧を晴らす力があることを教えられ、これで霧の中を進めるように。
後に魔皇帝が現れ、リンを連れ去る。


セントルード
村のすぐそばにまで呪いの霧が迫ってきている村。村人たちは、祈祷師が言う事に従い、峠の鳥居乙女を生贄として捧げて霧を晴らそうとしており、既に何人かの女が犠牲になっている。村一番の美人であるセナがいけにえに名乗り出るが、祈祷師がセナを連れて鳥居へと赴くと二人の姿が消失する。

ゼルガのアジト
祈祷師に化けているゼルガのアジト。峠の鳥居の下にあり、レッドパイレーツで手に入れたスカーフで女装すると、入る事が出来る。中には騙されて拐われた女達がたくさん監禁されている。ゼルガを倒すと、辺り一帯を覆っている呪いの霧を晴らす事が出来る


レッドパイレーツ
赤鯱の村。呪いの霧に覆われたせいで海賊達は動けず、船は漆黒の一族に壊されてしまっている。岬には、セントルードからきたララの恋人の男がおり、ララの仇をとってほしいといって、岬から身を投げて死亡。受け取った形見のスカーフを使えば、ゼルガのアジトに入る事が出来る。
恋人救出後に訪れると、リハク軍の兵士が伝令に現れ、リハクシチーが魔皇帝に襲われたことを伝える。その後、パーティーを抜けたレイにかわってシュウ新たな友に加わり、赤鯱から船を貰いうけ、海へと出る。

漆黒の扉
ファントムランドへと続く道を閉ざしている扉。ゼルガを倒し、呪いの霧を晴らすと通る事が出来る。
霧を晴らした後に訪れるとバットおり、既に自分は毒におかされてしまったからといって、トラックで漆黒の扉へと特攻し、命をかけて主人公達のために扉をあけてくれる。

ファントムランド
漆黒一族の将軍、グランドールの町。山に囲まれた霧の中心にある。主人公の恋人やその息子が囚われている街だが、グランドール将軍は、閉じ込められても人々に慕われる彼女を妬み、殺してしまったのだとして、村では彼女の葬式が行なわれている。

グランドール城
グランドールの城。牢獄で、囚人番号5番から鍵を貰えば入る事が出来る。最上階にいるグランドール将軍を倒すと、グランドールの二人の腹心が現れ、グランドールは主人公の恋人を殺す命を受けていたが、実行できなかったため、彼女を殺したことにして村にある湖の島に隠したのだということを明らかにする。その後、腹心達は将軍を追って自決する。

湖の島
グランドールが、主人公の恋人を匿っているという小島。村の湖のなかにあり、グランドール城からイカダにのることで行く事が出来る。主人公は恋人と念願の再会を果たし、その後恋人と息子はレイに連れられてリハクしチーへと避難する。

牢獄
魔皇帝軍に捕まった子供達がとらわれている牢獄。壁を破って逃げたという囚人番号5番(後の飛丸)が看守に追われていたので助けると、五階右奥の壁を動かせる仕掛けを作ったと教えてくれる。その先にて囚人番号13番と出会い、彼が自分の息子である事を知った主人公は、初めての親子対面を果たす。

愛の洞窟
とある島にある洞窟。レイアやシャチがいる北斗琉拳の村へと続いている。

北斗琉拳の村
シャチとレイアがいる村。カイオウもここに住んでいるが、やる事があると言って村を出てしまったため、今は二人で村を守りながら、愛を説く私塾を開いている。

オッズミリアム
魔皇帝軍 紅蓮の一族に支配されているという大陸にある村。
北斗の男なる男が南の北斗城に現れたと言う事で、村にいるゴンドラ屋は、噂の北斗の男がケンシロウかどうかというギャンブルをしている。ケンシロウじゃないほうに一万ジュドルをはったゴンドラ屋は、主人公達に男の正体を見てきて欲しいとたのみ、的中によって大もうけし、店をやめて主人公にゴンドラを譲ってくれる。それにのって北の崖を超えれば、南斗の地へいくことができる。

北斗城
北斗神拳伝承者の城。だが今は野盗達の住処になっている。王の間にはヒョウがいて、盗賊達を蹴散らしている。ケンシロウは生きているが、魔皇帝に封印されてしまっており、その復活には7人の拳士が必要なため、ヒョウは北斗神拳伝承者を名乗って噂を広め、北斗南斗の拳士が己を訪ねてくるの待っていたと語る。

サザンクロス
かつてシンが支配していた街。しかしシンはユリアが身を投げた事にショックを受け、酒場で酔いつぶれている。今は紅蓮一族に取入りったハートがこの街の支配権となっており、己をデブと言った者をブタ小屋に入れるなど、圧政を強いている。
ハートを倒し、手に入れたユリアのリングをシンに見せると、荒んでいたシンの心に魂が吹き込まれる。復活を果たしたシンは、同じ女を愛したケンシロウの復活に協力することを約束する。

サウザス
サウザーが支配する街。サウザーも魔皇帝と同じく、この世の覇権を狙っている。

聖帝十字陵
サウザスの街の中央にあるオウガイの墓所。中には南斗鳳凰拳の従者がおり、オウガイの遺書をリハクが持っていることを教えてくれるが、その話を魔皇帝軍のスパンジャーに盗み聞きされてしまう。

サウザー城
サウザーの居城。門番にオウガイの遺書を見せると入れてもらえる。サウザーにオウガイの遺書をみせようとしても、覇権への野望を変えず、主人公達とのバトルに。敗北したサウザーは、オウガイの遺書の中身を読み、己の最後の命をケンシロウ復活のために捧げることを約束する。

北斗の洞窟
ケンシロウが封印されているという北斗の丘へと続く洞窟。

北斗の丘
ケンシロウが封印されているという丘。魔皇帝が、ケンシロウを封印するために使用したという七つの魔神像が建っている。これらを同時に壊さないと封印は解けないということで、主人公、水丸、トキ、シュウ、ヒョウ、シン、サウザーの七人が同時に像を破壊。封印は解かれるが、同時にサウザーは力を使いて死亡。
現れた階段の下にはケンシロウが眠っているが、秘孔を突いて仮死状態となっている。トキが自らの命を使って北斗の息吹を吹き込み、ケンシロウ復活。主人公の仲間となる。
ヒョウはサウザーとトキの亡骸を弔うために、この地に留まる。

北斗の泉
北斗の丘の近くにある泉。
泉にかかる桟橋で北斗七星宝刀を使うと水の中から小島が現れ、北斗伝説の服を獲得できる。

南斗の洞窟
ザリガーが支配する西の大陸へと続く洞窟。サウザー軍とザリガー軍が抗争を繰り広げているが、サウザーが死ぬと聖帝軍が兵を引きあげ、通れるようになる。

グレントシーン
ザリガーに支配されている街。紅蓮一族の兵隊になれば10000ジュドルを出すといって村人が集められており、夕方になると、兵を集めるトラックが村にやってくる。守りのかたいザリガー城に入るには、そのトラックに乗るしか方法は無く、傭兵部隊と試合をし、勝利することで乗ることを許される。トラックには、タツ、キタオ、ダイソンの三人も同乗している。

ザリガー城
ザリガーの城。主人公たちは兵隊希望者として潜入するが、王の間に向かうまでに敵と戦うのも試験の一つだとして敵が出てくる・王の間の前で再会したマビイから、正体を明かされ、ザリガーに両親とミトの復讐に来たことを知らされる。
ザリガーに勝利すると、死ぬ間際に槍を投げてくる。マビイは主人公を庇おうとするが、さらにそれを水丸がかばう。実はマビイに思いを寄せていた事を明かし、ザリガーに止めを刺した後、水丸死亡。その後、マビイが旅の仲間に加わる。
その時、リンの従者なる男が現れ、リンの危機を伝えながら死亡。

サウスバース
南斗発祥の地。ユリアが幼い頃に育った街でもある。

南斗の館
南斗六星の像が陳列されている。像の前で南斗の鏡を使うと像が光線を発し、壁が崩れ、南斗伝説の肩当を手に入れる事が出来る。

天魔の扉
魔皇帝が封印されていたという地に繋がる扉。多くの拳士の力を合わせなければ開く事が出来ない。扉の前には天狼のリュウガがおり、主人公では天を掴むことはできないと言って来る。
ザリガーが兵士を集めるためのトラックが立ち寄る場所のひとつ。
最終決戦に向け、集いし14人の拳士が一斉にパワーを送ることで、扉は開かれる。
また、扉の近くには黒夜叉が造った地下のアジトがあり、ここで仲間を入れ替える事が出来る。

ペルシナ
かつてカイオウが支配していたという村。村の拳法の修行場には、かつて牢獄にいた囚人番号5番がいる。かつて主人公の息子も、ここでレイと修行をしていたが、後に一人で修行の旅に発った。
主人公交代後に訪れると村はリュウガの手によって被害を負っている。崖の上から現れるリュウガと対決し、倒すと、リュウガは二世の強さを確かめるために村人を襲って本気を引き出そうとした事を語る。その後、崖を越える事が出来る自らの白馬を二世に私、リュウガ絶命。

マウンテンバーン
山のフドウの村。かつては子供達と仲良く暮らしていたが、マイダラの妖術にかかって別人のようになってしまったフドウは、魔皇帝軍に寝返り、子供達を売り飛ばしてしまっている。同様に妖術にかかった、あべし、ひでぶ、たわば、ぐわばらなる者たちが意味不明な動きをしている。
ガイギー城から子供達を助けた後に訪れると、フドウの記憶も戻っている。最終決戦の前にはシュウがフドウを呼びにいき、フドウは子供達を理由にそれを渋るも、当の子供達に後押しされ、出陣する。

フドウ城
マウンテンバーンの中にあるフドウの城。妖術にかけられたフドウと戦い、勝利すると、唯一残っていた子供が、フドウの世話をしているマイダラなる男が全ての元凶であることを明かす。逃げるマイダラを追い詰めながら倒すと、妖術は解けるが、フドウの記憶までは戻らない。

ガルダック
ガイギーの牢獄。一見すると入り口が見当たらないが、ペペロペロという暗号を唱えると秘密の入り口が現れる。奥には捕われたフドウの子供達を助けるため、ここの主であるガイギーと対決。その最中にガイギーの仮面が割れ、その正体がジャギであることが明らかに。逃亡しようとするジャギだが、仕掛けで開閉する壁に挟まれて自滅。

フドウの洞窟
フラッシュヘブンに続く洞窟。大岩に遮られて通れないが、フドウを正気に戻したあとに訪れると、彼が大岩をどかしてくれる。

フラッシュヘブン
元斗皇拳のファルコが治める村。以前までは平和に暮らしていたが、村人達も気付かぬ間にその権力はジャコウのものとなっており、人々が鉱山に送られるなど、政治がおかしくなってきているらしい。
城が崩壊した後、サイヤの伝書鳩が現れ、それが示す場所を調べるとファルコが捕われている地下室があり、救出して仲間になる。

元斗の館
町の中央にある館。ミュウがいる。元斗皇拳最強と言われた4人の先人達の像があり、その四体がクロスする場所で元斗の十字架を使うと地下への入り口が現れ、元斗伝説のブーツを手に入れられる。

ファルコ城
ファルコの城。ジャコウがファルコを地下室に閉じ込めたため、実質上ジャコウの城となってしまっている。この城を建てた大工もジャコウに恨みをもっており、ライオンの像の目に黄金石をはめると城が崩壊するという仕掛けを施したという。パサリー鉱山から黄金石を持ち帰り、はめると、城は崩れ去り、ジャコウはライオンの像に押しつぶされて死亡。

パサリー鉱山
黄金石を掘るための鉱山。ジャスクとシーノが、フラッシュヘブンから送られてきた村人達をこきつかって採掘が行われている。奴隷の中にはタツ、キタオ、ダイソンの三人の姿も。黄金石には、傷を癒す不思議な力があるらしいが、最後のひとつはサイヤが手に入れたらしい。
ジャスク、シーノを撃破し、二人が逃げた後、囚われていたサイヤを解放。牢屋の奥にかくしてあった黄金石を手に入れるが、その時、ジャスクとシーノが鉱山を爆破するスイッチを作動。洞窟から逃げようとするも、逃げ遅れた人々の出口を死守するためにシュウは大岩を支えながらその場に留まることに。ファルコを救出した後に戻ってくると、シュウはユダによって連れ拐われてしまっている。

ニューチート
ユダが支配している街。街中にはユダに心酔するオカマ達が徘徊している。

ユダ城
ユダの居城。魔皇帝側に付いたユダと闘うが、その最中に黒夜叉が現れ、ユダは魔皇帝軍に捕われたレイを掬うために裏切ったフリをしていたことが明らかとなる。ユダが連れ去ったというシュウも奥の部屋で手当てを受けて奥の部屋で休んでいる。

ババラ
死神三兄弟が支配する街。

死神城
死神三兄弟の城。中にはレイと、かつて二世と監獄で一緒だった囚人番号5番が捕われている。5番を助けようとしてレイも捕まったらしい。
ユダが秘密裏に作ったという抜け穴から入る事が出来るが、玉座へと赴くと、再びユダが裏切って死神側につく。だが戦闘中、更にユダは裏切り、隙をついて死神三兄弟をまとめて抹殺。死神三兄弟は、水晶玉に映る北斗七星が順に輝きを失い、全て消えたときに魔皇拳が完成する事を言い残し絶命。囚人番号5番はレイから飛丸という名前をもらう。
水晶玉の星がひとつ消え、魔皇拳の完成が近付いていることを感じた一同は、それに唯一対抗しうる天帝拳を完成させるため、北斗、南斗、元斗の拳士達の力をあつめることに。

エンドレスシーン
魔皇帝の第三皇子チャドラーに支配される街。村人達はチャドラーの情け無用の教えに従い、口をつぐんで何も話そうとしないが、闘技場で子供達を改心させると口を利いてくれる。

闘技場
チャドラーによって戦うことを宿命付けられた子供達が、仮面をつけて闘っている。襲い掛かってくる子供達を倒すと、止めを刺さない二世達の情に心打たれて子供たちは改心する。

チャドラー城
チャドラーの城。中には戦いに負けて死んでいった子供たちの墓があり、チャドラーの息子であるサジのものもある。
王の間でチャドラーと戦い、撃破。生まれた時から戦うことを宿命付けられていたチャドラーは、戦いに負けたことで初めて安らぎを知り、息子サジのもとへと旅立つ。同時に、息子たちを殺される事によって魔皇帝の憎しみが増し、水晶玉に移る北斗の星がまた一つ消失。
奥にある宝箱には元斗の十字架があるが、ファルコしかもつことができない。

崖沿いの道
天帝一族の隠れ村に続く道。大岩が落ちてきて通れないが、フドウがいれば通行可能になる。

天帝一族の隠れ村
天帝一族がかくれ住んでいる村。かつて天帝が魔皇帝を封印するために天魔の扉を作った際、逃げ遅れて扉の向こう側に閉じ込められた者達がおり、その祖先がこの村を作ったらしい。
村には第二皇子ブルースの母親がいる。魔皇帝は、彼女が天帝ゆかりの者だと知って殺そうしたが、ブルースは自らの眼の光を代償に、母の命を救ってもらったのだという。
とある小屋の中にある抜け穴を通ってブルース城へ。

ブルース城
第二皇子ブルースが住む城。城の門は、閉ざされており、天帝一族の村からの抜け道を通らないと入れない。王の間は南斗のカガミの光が強すぎて進むことが出来ないが、盲目のシュウには通用しないため、シュウの後に続くように進むことでブルースのもとへとたどり着ける。
ブルースを撃破すると、シュウは彼の敗因を、心の眼を開いていないことだったと語る。ブルース自身は愛を捨てたと信じていたが、彼が母や村人たちに見せた慈悲の心は紛れも無く彼の持つ愛の心であり、それを教えてくれたシュウに感謝しながらブルースは死亡。
奥の部屋にある南斗のカガミを獲得すると、また水晶玉の北斗の星が減り、残る星は4つになる。

デューデナム
魔皇帝の第一皇子、ムハドガ支配する街。

ムハド城
ムハドの居城。入り口はムハドの従者にふさがれているが、チャドラーとブルースを倒すと通してくれる。王の間にいる第一皇子ムハドを撃破すると、彼もまたユリアの慈母の星に触れた者であり、二世が戦い続ける限りいつか魔皇帝は魔皇拳完成のためにユリアを殺すため、ムハドは二世達を自らの手で倒すことでユリアを守ろうとした事が明らかとなる。
奥にある宝箱から北斗七星宝刀を獲得すると、水晶玉に移る北斗の星がまた一つ減って残る星は3つになる。

天魔の洞窟
2000年前、天帝が打倒魔皇帝のために攻め込んだといわれる洞窟。
魔皇帝の闘気がバリアとなって道を塞ぎ、通ることが出来ないが、かつての天帝と同じく、三種の伝説装備を身につければ通行可能になる。

北斗の聖殿
かつて魔皇帝を封じていた北斗の女人像がある聖殿。中にある北斗神拳創始者シュケンの像には、その時の様子が記述されている。しかし既に女人像は魔皇帝によって壊されてしまっている。
中にはジュウケイがおり、像を守りきれなかった事を悔やみながら絶命。その時、水晶玉の北斗の星がまた一つ消失し、残る星は2つに。

シュケンの洞窟
北斗の聖殿の近くにある洞窟。魔皇帝城へとづづいている。

魔皇帝城
魔皇帝(影武者)の居城。
落とし穴に落とされた後に先を進むと、魔皇帝の部屋へ。対戦するが、吹っ飛ばされて穴に落ち、仲間達とはぐれてしまう。その後、カイオウと合流し、再び魔皇帝と対決。カイオウと魔皇帝は相討ちになるが、この魔皇帝が影武者である事が明らかに。カイオウは残された最期の力で山岳を破壊し、本物の魔皇帝の城への道を切り開いて絶命。そして水晶玉に移る北斗の星が、また一つ消失し、残る星があと1つになる。

南斗の聖殿
命の火が消えかかっているユリアいる。魔皇帝の封印をといたのが自分であり、天帝拳を完成させて魔皇帝を倒して欲しいと言い残してユリア死亡。同時に水晶玉の星が全て消失し、魔皇拳が完成する。
魔皇帝を倒しうる天帝拳を完成させるため、二世は13人の仲間と戦い、その奥義を心と体で受け止め、友のオーラを注ぎ込まれることによって、天帝拳を完成させる。そして天帝拳の究極奥義 天帝闘友気を体得する。

魔宮
魔皇帝の城。十三人の拳士が力を合わせることで入り口の扉を破る事が出来る。死闘の末に二世たちは魔皇帝を倒し、魔皇帝は残った最後のオーラでユリアを蘇らせる。



北斗の拳(セガサターン版)


リンの街
リンとバットが結婚式をあげていた街。ジャドたちに襲撃され、リンは連れ拐われてしまい、バットも怪我を負う。町の東の外れに長老の家があり、バットはそこにかつぎこまれた。話を聞きつけたケンシロウが駆けつけ、ここからリンを追う旅に出る。
ゼンオウを倒した後、リンとバットは改めてここで結婚式をあげる。

ケンシロウの修行場
ケンシロウが瞑想をしている修業場。リンの街の使いの者が訪れ、リン達の危機を伝えて死亡する。


北斗の谷
かつて北斗四兄弟が伝承者争いをした場所。今は拳を捨てたリュウケンが静かに暮らしている。訪れたケンシロウは、修練場にいるリュウケンから北斗無明拳についての話を聞く。


北斗無明の像の洞窟
北斗無明の像がある洞窟。像の前で瞑想すると、像から放たれた光がケンシロウの額を差し、北斗無明拳の創始に関する悲話を伝えてくれる。その後、無明拳突撃隊隊長のジーザが登場。撃破した後、秘孔新一を突いて、リンの居所をはかせる。

デスブラッド牢獄
ジャドが捕らえたリンを運んだという牢獄。立ちはだかるジャドとバトルになる。しかしケンシロウが到着したときには既にゼンオウのもとへと送られてしまっている。


水鳥拳の村
マミヤがいる村。かつて村の入り口に捨てられていたザキを拾ったマミヤは、彼女を育て、やがて水鳥拳の伝承者へと成長した。だがザキが修行に出ている間に村は牙猩拳の一族に襲われて壊滅。村を通りがかったケンシロウはザキに犯人だと疑われ、戦いを挑まれてしまう。裏山に避難していたマミヤと長老が帰ってきて、事情を説明し、ケンの疑いは晴れる。

ダザンの街
いろいろな地域から人々が集まって来るという街。水鳥拳のはるか西、聖帝十字陵の近くにある。

ゼピアのアジト
ギャランに反旗を翻したゼピアのレジスタンスのアジト。ダザンの町の北の砂漠にある。ギャラン軍が攻めてきた際、軍を引く事を条件にゼピアは自らの目を潰したが、ギャランはそれを無視しレジスタンスを攻撃。ケン達が到着した時には、ほぼ壊滅状態に追い込まれている。
ケンシロウと対面したゼピアは、ケンに妥当ギャランを託し、そのアジトの場所を教える。

聖帝十字陵
サウザーとオウガイの亡骸が納められている墓。牙猩拳の部隊に支配されている。兵を倒して中に入ると、サウザーの亡霊が現れ、ザキが自分の子供である事を明かす。

ギャランの街
南斗牙猩拳のギャランが治める街。ギャランは小さい頃からこの町でくらしており、昔はかわいい子供だったらしい。

ギャランの城
ギャランの居城。リンがここへと運び込まれたとの噂があったが、それはケンシロウをおびき寄せるための罠で、実際にはいない。
ザキがギャランに戦いを挑むが、その戦い中で二人が兄妹であることが発覚。しかしギャランは容赦なくザキを倒し、続いてケンシロウとバトルに。敗北したギャランは、崩壊した城からザキを守るために瓦礫を支え、二人を逃がすための時間稼ぎとなり、果てる。


バレビが支配する街
総督バレビが支配する街。町の西の外れにある酒場では、ザノスが、部下の元プロレスラーの男との対戦相手を募っている。勝てば食料一週間分との言葉にのったミッシュは、これをあっさり撃破。ザノスはミッシュをバレビの部下にならないかと誘うが、ミッシュはそれに乗らず、酒場を後にする。
入れ違いにバットが訪れ、ケンの仲間に加わる。

ドナポートの港
中央帝都がある人工島のそばにある港町。ザノスが、バレビの兵隊希望者を船にのせて中央帝都につれていこうとしている。ケンとバットとミッシュが乗船し、その際にバットはザノスを船外に蹴落とし、船を強奪。怒ったザノスが襲い掛かってくるが、ケンシロウに蹴散らされる。

トキの村
トキが診療所を開いている村。拳を置いたトキが、子供達や病に苦しむ人たちと暮らしている。無明拳を倒すためのヒントをくれる。


中央帝都
人工島にたてられた要塞。バレビが総督の名の下に作り上げた新たな中央帝都。部下の女を人質にして逆らえないようにしており、ミッシュの母のミュウもここに捕らえられている。リンは一度ここへと運ばれたが、修羅の島へと移さてしまっており、ここにはいない。
ザノスの船を奪い、ケンシロウ達が上陸。ミッシュはバレビの言葉に惑わされ、ケンシロウを父の仇と思い込むが、戦いの中で失われた記憶が復活。母ミュウと再会を果たすと共に、バレビを葬る。

修羅の国
かつて三羅将が支配していた国。修羅の島とも呼ばれる。少し前に、帝都から運ばれてきたリンを、琉拳の部隊が奪い取った。

ジュウケイの沼
ジュウケイがいる沼。北斗琉拳と北斗無明拳の間に交された密約についての話を聞く事が出来る。


北斗宗家の村
かつてケンシロウが生まれ、ラオウとトキが育ったという村。数年前までは北斗宗家最後の末裔であるゼンオウとホシムがいたが、ゼンオウは北斗琉拳伝承者争いに敗れ、村を後した。
この村の長老の娘であるレイカは、ホシムの婚約者。


黒夜叉の洞窟
黒夜叉がいる洞窟。北斗宗家の村の東にある。ケンシロウ達がおとずれると、ホシムの魔闘気が黒夜叉を襲い、死に至らしめる。駆けつけてその惨状を見たレイカは、ホシムを倒して欲しいとケンシロウに依頼する。


ホシムの城
ホシムの居城。リンが捕われている。
ホシムの家臣であるガイを倒した後、ホシムと対決。勝利後、ホシムは自らの手でゼンオウを止めようとして魔界に入ってしまったことや、既にリンの光によって魔界から脱していた事を明らかにする。その後、ホシムはレイカとのよりをもどし、妥当ゼンオウをケンシロウに託す。

ルイの住む村
ルイの館がある村。死兆一族の手によってルイは連れ拐われてしまっている。


死兆一族の城
死兆一族こと、新南斗五車星の城。天然の要害に恵まれた難攻不落の地。ゼンオウの手からルイを守るために匿っている。訪れたケンシロウ達を五車星が出迎えた後、竜虎の谷にゼンオウが現れたという報が入り、ケンシロウは出発。だがケンシロウは敗れ、ゼンオウはこの城へと侵攻。ウジョーを除く四人はゼンオウの前にあえなく敗れ去り、リンとルイを連れ拐われた。


竜虎の谷
ゼンオウとケンシロウが鉢合わせた場所。ゼンオウの北斗無明拳の前にケンシロウは惨敗を喫し、ウジョーはそれを逃がすために命をとしてゼンオウへ挑み、時間稼ぎとなって命果てた。

隠れ家
バットが、ゼンオウに破れたケンシロウを匿った小屋。

北斗無明拳の国
ゼンオウの城がある国。扉を超えて入る。



ゼンオウの城
ゼンオウの居城。天帝であるリンとルイを連行し、従わぬ二人を処刑しようとした。しかし天帝の気高さに触れ、ゼンオウは悪の心を消失。その後、ケンシロウが到着するが、ゼンオウは俺のから悪ノ心が消えた事を隠してケンシロウとの対決に臨み、敗北。北斗無明拳に光が戻ったことに涙し、果てる。



北斗の拳(PC-88版)



サザンクロスの近くの村
サザンクロスへと向かうケンシロウとバットが、砂漠超えの準備を整えるために立ち寄る小さな村。村はキング軍に荒らされており、殆どの村人達は奴隷として連れて行かれてしまっている。死体置き場の小屋の近くには隠し井戸があり、駐在するKING軍はこれをさがしまわっている。アイパッチやクラブといった敵が登場する。
アイパッチのサイドカーと、酒場のマスターから食糧をもらうことで準備を整え、出発。


ガソリンスタンド
今は使われていない辺境のガソリンスタンド。先の村で出会ったレイラと再会し、ここにキングの弱点が記された古文書が隠されている事を教えられる。その後、ハートに矢を射られレイラは死亡。ハートを撃破後、ガソリンスタンドをダイナマイトで爆破し、給油機の中の金庫から古文書を手に入れる。

砂漠
サザンクロスへ向かう途中に広がる砂漠。砂の中で待ち伏せているジャックに、ケンシロウ達のサイドカーが破壊される。撃破後、口を割る秘孔を突いて、サザンクロスへ向かうためのヒントを聞きだす。

サザンクロス
キングのアジト。コング、スペード、ダイヤなどといった幹部達を倒し、城の鍵を手に入れることがで、キングとの最後の戦いにのぞむことができる。多くの奴隷達がここへと連れてこられ、死んだ者達はそのまま街の片隅に積み上げられているが、彼らはせめてもの抵抗とばかりに敵の幹部たちの弱点を街のあらゆる場所に書き残している。




北斗の拳オンライン

◆南部・サザンクロスエリア


砂漠の集落
原作第一話に登場した村。バットやリンがいる。元公団住宅廃墟をベースにした村で、物資は豊富ではないが、比較的土壌が豊かで水も出るため略奪の的となる。集落の東に居るジード団と、南に居るチンピラ集団が悩みの種。長老のウコクから様々なミッションを与えられる。

ミスミの村
ミスミが住んでいる村。住宅街の廃墟に唯一残った廃マンションを住居としてごく少数の人がすんでいる。有り合わせではあるが村の周りにバリケードを置くなど最低限の自衛設備はあるが、間に合っていない。

サザンクロス
巨大都市の廃墟の一部を再建して作られた町。巨大なシンの居城「ブラッディーキャッスル」を中心に生き残っているビルが数多く有り、街の機能も失われていない。また農地や繁華街も備えており、「北斗の拳」の世界の都市としては最大級の規模を誇るが、そこで働いているのは労働力として徴発された人々。
KING軍が支配しているため、街の中にも多くのKING軍がうろついている。戦闘禁止区域では襲われる事はないが、外に出ればKING軍との戦闘が始まる。
なお、ブラッディーキャッスルの外を南側から東側へと回り込むと拳王領への唯一の門がある。
バーのマスターのグッドは、オアシスのバーのマスター、ジョニーの兄。

三山修練場
戦争時の爆撃によって出来た巨大なクレーターの壁面につくられた修練所。「三山流」と呼ばれる流派の拳法を修練する修行者たちが存在する。ナイダラ、ケイオウ、ヤオジの三山流三羅漢がいる。

オアシス
原作でGOLANが徘徊していた村。大都市の廃墟を再建して作られた、「ブルータウン」と双璧をなす自由都市で、人の往来も多いという。周囲に色々な暴力集団がおり、そのバランスで平和を保っている。バーには原作でケンシロウ達とも仲良くなったジョニーがいる。
ここの転業クエストでケンシロウが登場する。

形首の村
KING支配の村。絞首刑台が設置されている。原作でダイヤが親を絞首台に吊るして子にそれをささえさせていた場所。

ビレニイ・プリズン
スタジアムを改造した監獄。牢の奥にはデビルリバースが眠る。付近には、監獄を脱走した犯罪者達がなぜか未だにたむろしている。監獄前メインストリート沿いのバーにはジャッカルが出没する。

孤児院
廃墟に残ったわずかな建物に難民が住み着いてできた集落。 水が出ないことから住民のほとんどが他の村へと去ってしまった為、荒れ放題になっている。 井戸から水が出ることを信じるトヨ達だけが唯一のこっている住民。トキもいる。

給水場
原作でタキが水を盗みにいった給水場。井戸の番人であるシャークなどがいる。

ゴットランド
選ばれし者GOLANによって支配される神の国





◆北部・拳王エリア


拳王府
ラオウの居城

拳王軍本拠
拳王軍の本拠地。サザンクロスに並ぶ巨大都市。隊長ガロンを含む拳王侵攻隊や、拳王長槍騎兵体、隊長のギエンを含む拳王守備隊などがいる。

黒王谷
入り組んだ迷路のような谷。迷い込んで生きて帰ってきた者はいないらしい。奥には北斗七星と同じ配置の岩があり、そのあたり一帯は主(黒王)の住処と呼ばれている。猛獣の虎や、猛獣使いなどもいる。

高速道路跡
かつて高速道路だった廃道路。廃墟の愚連隊などの根城になっている。

ギギの村
ジャギの銅像がある村。偽北斗神拳使いのギサツや、世紀末プロレス団などがいる。

被虐の村
ここにもジャギの銅像がある。ノコギリ隊のクバルなどが近くにいる。拳王エリアにおける唯一の非戦闘地域、復活ポイント。

大砂漠
拳王エリアの南側に広がる大きな砂漠。砂漠の盗賊団などが出現する。