TOP

ボルゲ



登場:原作(240〜245話)
肩書:ボルゲ軍のボス
戦法:自ら生み出したあらゆる秘技
CV:川津泰彦(真北斗無双)


 ケンシロウへの恨みだけで生き続けている男。特殊装甲で固めた頭の上に人造皮膚を張り付けている。

 かつてケンシロウの命を狙い、部下を率いて闇討ちを決行。寝床にしていた洞窟を焼き払ったが、ケンを殺す事はできず、逆に目を切られて光を失った。故に盲人と化しているが、代わりに異常に発達した聴覚を有している。

 ケンシロウへの恨みを忘れることなく、肉体を強化し続けながらその行方を追跡。その傍ら、20年前に手の甲に傷をつけたゾルド率いるゾルド軍を圧倒。ゾルドを含む兵士全員の目を切り裂き、胸に七つの傷をつけるという処刑法で、ケンシロウへの恨みを表現した。

 その後、胸に七つの傷をつけて現れたバットをケンシロウと思いこまされたまま対決。多頭凶狂棍や、隠していた右手の武器などで圧倒し、張り付けにして凄惨な拷問を行った。その後、乱入してきたマミヤをも殺そうとしたとき、ついに本物のケンシロウが登場。記憶が戻っていないケンを相手に優勢に立つが、バットの声でケンシロウの記憶が復活した瞬間、形勢逆転。しこたま頭を殴られ、致命の秘孔を突かれた。だがそれでもしぶとく生き残り、リンだけでも道連れにしようとするが、最後はバットの突きたてた刀で心臓を突かれて息絶えた。