TOP

トヨ



登場:原作(17〜20話) アニメ(11話)
肩書:バットの育ての親
CV:鈴木れい子(TVアニメ版)
   達依久子(PS版)
   山中まどか(真北斗無双)


 バットの育ての母。井戸の枯渇により村人達を去ってしまったため、たった一人で孤児達を育てている。
 水脈を遮る岩盤に悩まされていたが、ケンシロウのパンチによって岩盤は粉砕。再び村に井戸を作ることが出来た。だがケン達が村を去った直後、襲来したジャッカル一味が井戸を占有。果敢にも銃で立ち向かうが、ジャッカルが着込んだ大量のダイナマイトを前に撃つ事が出来ず、銃を奪われ、危機に。最後は子供に仕掛けられたダイナマイトを放り捨て、爆風から子供をかばい、命を失った。

 真救世主伝説 ラオウ伝 殉愛の章では、マーサなる人物が同じポジションのキャラクターとして登場している。


[解説]
TVアニメ版では、訪れたケンシロウにいきなり発砲。いくら怪しかったからとは言え、いきなり撃つのはどうかと・・・。というか頭かすめてたし。一歩間違えたらあそこで世紀末救世主伝説・完だ。まあ、彼女も典型的な「北斗現れるところ乱あり」に巻き込まれた女性であり、後に自分にとっても死神になるケンを殺そうとしたのはあながち間違いでは無いかも。ケンに発砲したのもなにかイヤな予感働いてのとっさの行動だったのかもしれない。