TOP

ホシム



登場:北斗の拳(セガサターン版)
肩書:北斗琉拳伝承者
流派:北斗琉拳 魔道流拳
CV:戸谷公次


 北斗の拳(セガサターン版)に登場するキャラクター。カイオウ達亡き後の北斗琉拳の伝承者であり、兄ゼンオウと共に北斗宗家の血を引く最後の末裔でもある。レイカという許婚がいる。

 兄ゼンオウと共に北斗琉拳ぶが、一子相伝の掟により自身が伝承者に。伝承者争いに敗れたゼンオウの拳を封じねばならなかったが、心優しき故に宿命を果たす事が出来なかった。

 その後、カイオウですら成し得なかった魔闘気を押さえ込む事に成功し、北斗琉拳を完成。しかし兄ゼンオウが暗黒の北斗として覇道に進んでいることを知り、北斗の密盟に従ってゼンオウと共にケンシロウを倒し、その後にゼンオウと雌雄を決する事を決意。自ら魔道に落ち、魔道琉拳と名乗り、ケンシロウを誘き出すためにリンを攫った。
 その後、ケンシロウとの闘いに臨むも敗北。しかし止めは刺されず、ゼンオウの北斗無明拳を倒せるのは北斗神拳を置いて他に無い事を確信した。