TOP

ゼンオウ



登場:北斗の拳(セガサターン版)
肩書:北斗無明拳伝承者
流派:北斗無明拳
CV:内海賢二


 北斗の拳(セガサターン版)に登場するキャラクター。光無き拳・北斗無明拳の伝承者。弟ホシムと共に北斗宗家の血を引く最後の末裔であり、亡きラオウの魂を受け継いでいる。

 かつて弟ホシムと共に北斗琉拳を学んでいたが、ホシムが伝承者となったことに不満を抱き、修羅の国から離郷。その後、北斗無明拳の伝承者となり、圧倒的な強さを修得。「暗黒の北斗」を名乗ってこの世の制圧を目論むに至った。

 野望のために天帝であるリンルイの捕獲を狙い、部下のジャドに命じてリンの拉致に成功。更にはルイを拐うために死兆一族の城へと進軍。竜虎の谷ケンシロウを圧倒し、雲のウジョー新南斗五車星をも返り討ちにし、天帝の姉妹をその手に納めた。

 その後、自らの居城にてリンとルイを処刑しようとするが、天帝の光に心洗われ、野望を消失。拳士としてケンシロウと最後の対決に臨み、七つの秘拳を得たケンシロウの前に敗北した。最期は暗黒の拳に光が戻ったことに涙しながら、ラオウと同じように、天に拳を突き上げて絶命した。