TOP

サガン



登場:北斗の拳4(FC)
肩書:元斗琉拳創始者
流派:元斗琉拳


 北斗の拳4 -七星覇拳伝 北斗神拳の彼方へ-に登場するキャラクター。元斗皇拳北斗琉拳魔界を取り込んだ拳「元斗琉拳」の創始者。

 かつて元斗皇拳伝承者の座を狙い、ファルコの子であるミッシュの暗殺を計画。ミュウの犠牲によってミッシュを仕留めそこなうが、自らは死んだと思い込み、勝手に元斗皇拳伝承者を名乗った。その後、魔道の島に渡り北斗琉拳の残党を一掃。会得した北斗琉拳と自らの元斗皇拳を融合した「元斗琉拳」を創始し、魔道の島に君臨した。

 北斗宗家の者達を抹殺するため、リンを誘拐して主人公達を魔道の島へ誘導。自らの居城にてミッシュらとの対決に臨み、敗北した。その後、魔道の島の真の支配者である魔天王に吹き飛ばされ、いずこかえ消えた。