TOP

天帝拳
(北斗の拳5)
てんていけん



使用した人物: 北斗5主人公
北斗5主人公二代目
天帝の一族
登場した作品: 北斗の拳5



 天帝一族に伝えられる幻の秘拳。愛によって友の心を揺り動かし、その友の心を得て更に拳を高める事で、無限の力を引き出すことを奥義とする守護星である北斗、南斗、元斗の拳士達と闘い、彼等の奥義を心と体で受け止めることで、究極奥義「天帝闘友気」体得し、完成を迎える。
 
 北斗の拳5 -天魔流星伝 哀★絶章-の中で登場。魔皇帝の拳「魔皇拳」を倒せる唯一の拳であるが、2000年前は魔皇拳は同じ拳であり、天帝拳が愛を 魔皇拳が憎しみを それぞれの糧としたとき、別の道を歩み始めたといわれる。
 主人公と、その息子(二代目主人公)が使う事が出来る。

 北斗の拳4 -七星覇拳伝 北斗神拳の彼方へ-にも同名の拳法が登場するが、こちらは魔天王が一代で作り上げたとされる魔闘気を用いた剛拳なので、全くの別モノ。