TOP

KING編
サブキャラクター

※話数はTVアニメ版に基く

1話


Z軍
 Z-666をボスとする盗賊集団。偵察隊がケンシロウにちょっかいを出して殺されたため、Z軍との因縁が勃発。その後、リンの住む村に襲撃をかけるも、ケンシロウの登場によって失敗。Z-666死後、どうなったかは不明。
トキ外伝 銀の聖者では、奇跡の村に夜襲をかけたが、トキや村人達の抵抗を受け、退散した。

Zの偵察隊
Z軍団に属する偵察隊。ケンシロウによって殺された。
TVアニメ版では、ケンシロウに、足にロープをかけ、ジープで引きずるというシーンが描かれた。

Zに襲われる旅人達
 トラックの荷台に牛やら水やらを積んで、荒野を走っていたもの達。崖上からZ軍に発見され、襲われて皆殺しにされた。何故か聖徳太子の一万円札を大量に所持していた

リンの村の人達
 リンの住む村の人々。訪れたケンシロウを罠で捕らえ、牢屋へと放り込んだ。その後、Z軍の襲撃を受けるも、牢を破って出てきたケンシロウによって救われた。
TVアニメ版では、ケンが井戸の水を勝手に飲もうとしていたところを捕獲。また、トマトを栽培をしたり、物々交換に訪れた者達と、井戸水と食料の交換をしたりしていた。

リンの家族
 リンの義理の両親と、兄(?)。リンの目の前で、野党に襲われて殺された。後にファルコの叔父夫婦であったことが明らかとなった。

リンの家族を殺した盗賊
リンの義理の家族(父・母・弟)を殺した盗賊達。その惨劇は、家の中に隠れてそれを目撃していたリンに大きなショックを与え、彼女から声を奪った


2話


ミスミの村の人々
 ミスミの住む村の人々。タネモミを集めて帰ってきたミスミを全員で祝福した。しかしその後、やって来たスペード一味に壊滅させられた。

スペードの部下達
 スペードの部下たち。スペードと共にスミスを襲うが、ケンに追い払われ退散。その後、怒れるスペードとともにスミスの村へと襲撃をかけ、村人たちを惨殺。現れたケンに対して鎖を巻きつけたが、全く問題にされず、岩山両斬波などによって全滅させられた。
TVアニメ版では一旦タネモミを奪ったものの、仲間になりたいといって訪れたバットに奪い返された。



3話


ダイヤの軍団
 ダイヤの部下たち。ダイヤと共に、息子に向けて親に矢を射らせるという遊びを行っていたが、ケンシロウによって阻まれ、二指真空把で跳ね返された矢を受けたり、ダイヤの棒術に巻き込まれて死亡したりした。

クラブの軍団
ダイヤを殺した七つの傷を探して街を駆け回った者達。結局ケンを見つけることは出来なかった。

蛇と戦うハゲワシ
荒野で蛇と争っていたハゲワシ。蛇を捕らえて飛び立とうとした瞬間、バットに捕らえられかけられ、羽根をむしられて激怒。追いかけて散々つつきまわした末に、蛇を咥えて飛び去った。
TVアニメ版にのみ登場。

ダイヤに苛められる親子(アニメ版)
 親が息子の頭のカンに目がけて矢を射るというゲームを、ダイヤに強要させられていた親子。ダイヤの部下の手ほどきで矢は息子の顔面めがけて飛んでいったが、ケンの二指真空把で間一髪救われた。
TVアニメ版にのみ登場。原作の、首吊りゲームの親子の代わり。

ドラドの村の人達
どこからか捕らえられてきたドラドの村の奴隷達。建築、鉄鋼、農業などをさせられている。
TVアニメ版にのみ登場。

クラブに殺された男
 身体に触れることが出来れば街からだしてやるという条件で、クラブと戦わされていた村人。肩を爪で貫かれながらも触ったが、関係なく顔を切断されて殺された。
TVアニメ版では、街から逃げ出そうとした罪の処刑として戦わされていた。

シンのもとへ逃げ帰った者達
 シンのもとへと戻り、スペードが殺されたことを報告した男達。逃走の罪でシンにズバッと殺された。
TVアニメ版ではクラブの死亡報告に変更された。また右の男は、リンの靴磨きの監視官をしてペルに指をかまれ、さらに夜にはケンに頭顳を突かれたりなどもした。



原作4話


ダイヤに苛められる親子
 ダイヤに苛められていた親子。首に縄をかけられた父親を、下で娘が支えるという非道な遊びに使われた。ケンシロウに救出され、生還。
TVアニメ版には登場せず。


4話


ハートの暴走で死んだ兵達
 ケンシロウを見つけられず、バーで苛立っていたKING兵達。興奮したハートに襲われ、棍棒を一斉にぶつけて気絶させようとするが、逆にその棍棒をはねかえされて壊滅した。

ハートの軍団
 ハートの部下達。逃げ出した捕虜達を追ったが、ケンにやられて全滅。しかし本隊は岩山の上で待機し、訪れた捕虜達を棍棒を投げて皆殺しにした。その後、駆けつけたケンシロウに北斗百方斬を喰らい全滅。
TVアニメ版にのみ登場。

谷の収容所の見張り達
捕虜達が捕らえられている谷の収容所の見張り達。大岩と共に現れたケンと戦ったが、先にかかっていった4人は北斗四方斬で瞬殺。残りの者も程なく殺られた。唯一収容所の中で居眠りをしていた男()は助かったが、檻を開けようとしていたリンとバットを見つけ、殺ろうとしたときにケンの石つぶてを喰らい、死亡。全員で11人。リンは、ケンに「全員で10人」と間違った情報を伝えてしまったために自らの危険を招いてしまった。
TVアニメ版にのみ登場。

谷の収容所に捕らわれる人達
 リンの村に水と食料を交換しに来た人達。その帰りにKING軍に掴まってしまい、谷の収容所に幽閉されてしまう。その後、リンがケンシロウに彼等の救出を依頼。ケンの活躍によって解放され、自由を得るが、逃亡のために訪れた岩山にてハートの本隊による鉄棍棒攻撃によって全滅した。
TVアニメ版にのみ登場。

ハートに殺されたバーのマスター
苛つくハートの部下にいじめられていたバーテン。ハートの優しい心遣いに助けられるが、グラスの破片で流血し興奮したハートの手で握りつぶされた。


5話


一年前のシンの部下達
 シンがケンからユリアを奪う際に、側にいたとりまき達。動けなくなったケンを抱えて立たせ、七つの傷をつける手伝いをした。

城でケンを待ち伏せた部隊
 シンが捨てた城に残っていたKING兵達。見張り達は北斗百裂拳で倒され、ジョーカーの命令でケンに不意打ちをかけた奴等もまた百裂拳で倒された
TVアニメ版にのみ登場。

ジョーカーの鷹
 ジョーカーの相棒を務める鷹。ジョーカーが足に掴まった状態で空を飛ぶことができ、主にケンシロウから逃亡する際に利用された。死ぬ間際のジョーカーにより、七つの傷の男が生きていることをシンに伝えるためにカードを託された。
TVアニメ版にのみ登場。


9話


サムの兄
 ミカの父と同じく、逃げ出したサムとミカを追ってきた村人達の一人。パトラの下に送られるのを嫌がる弟に棒で殴りかかったが、ケンに腕を捕まれ、軽く秘孔を突かれて腕を痺れさせられた。
TVアニメ版にのみ登場。

ミカの父
 ミカとジローのオヤジ。人身御供にされるのを嫌がって村から逃げたサムとミカを追ってきた。
TVアニメ版にのみ登場。

ジローの村の村長
 サムやミカの住む村の村長。パトラの為すがままにされる村の現状を見かねて、ケンにパトラ討伐を依頼。しかしパトラに全てを見透かされていた。パトラのアジトへと呼びだされ、ケンの元へと案内させられるハメに。ケン達の眠る小屋にパトラ配下が火を付けるのに見かねて、ケン達に危機を知らせようとしたが、背にボウガンを受けて死亡。しかし死ぬ間際に送った強い念がケンに届き、ケン達は間一髪で危機を脱することが出来た。
TVアニメ版にのみ登場。

ジローの村の人達
 パトラが支配する村の人々。村の命の供給源である湖の使用を得るため、湖の所有者であるパトラに貢ぎ物を納めている。ついには若い人間までも納めなければならないまでに追い込まれ、サムとミカを人身御供として送ることに。それを拒んで村から逃げたサムとミカを追い、引きずり戻した。
TVアニメ版にのみ登場。

パトラの手下達
 サムとミカを追いかけていた男達。たまたまケン達が野宿をしている側を通りかかってしまったために、二指真空把などで脅かされ追い払われてしまった。ケンがジローに雇われた後、パトラの命令で村長をケンシロウの元へと案内させ、ケンシロウ達の眠る小屋に火を付ける。さらに事をケンに知らせようとした村長を射殺。しかしその村長の念を感じて小屋から脱出したケンによって殺された。
TVアニメ版にのみ登場。

牛の首をも砕く男達
 パトラの部下。洞窟内でケンがパトラの幻術に目を逸らした隙を狙って、ケンに鎖を巻き付け、牛の首をも砕く力を使って引きちぎろうとした。しかし逆に綱引きに負け、たぐり寄せられたところに秘孔 断虚中穴をつかれ、爆死。
TVアニメ版にのみ登場。

パトラの狼
血に餓えた人喰い狼。パトラによって、ジローのいる牢に放たれたが、ケンシロウのパンチを受けて血を吐いて倒れた。
TVアニメ版にのみ登場。


10話


ドラゴンの手下達
 パトラ主催の競りの警護をしていた者達。ミカを連れて逃げようとしたサムに矢を射ろうとしたが、間一髪訪れたケンシロウによって殺されてしまい、残りの者も程なく葬られ、さらに残った者たちは城の炎上とともに一目散に逃げ出した。
TVアニメ版にのみ登場。

ドラゴン城の踊り子達
 パトラに幻術をかけられて正気を失った女達。パトラとケンシロウの食事の場で踊ったり酌をしたりし、奴隷として競にかけられたりした。
TVアニメ版にのみ登場。

競りにかけられる奴隷達
 ミカやサムを含む、捕らえられた奴隷達。男はハダカにされ、女達は綺麗に装飾されて壇上で競られた。
TVアニメ版にのみ登場。

奴隷購入者達
パトラが行う競りで、ミカを含む正気を失った女達を買おうとしていたゴロツキ達。
TVアニメ版にのみ登場。


14話


ダンテの手下達
 ダンテの部下。深夜デュランの家に忍び込み、村人の命が惜しければケンシロウを殺せと命令。暗殺用アイテムとして火薬を渡した。火山でケンシロウと闘い、北斗四方斬で全滅。
TVアニメ版にのみ登場。

デュランの村の人々
 デュランがリーダーを務めている村の人々。警戒心が強く、特に見知らぬ来訪者達に強い警戒心を抱いている。ケン達一行、そしてデュランが初めて村を訪れたときも、有無を言わず攻撃してきたという。子供達はデュランのお手玉が好き。
TVアニメ版にのみ登場。

カンナの父
 デュランの村の一人。病気持ち。直ぐに発作を起こしては、デュランに心臓マッサージをしてもらい、薬草を煎じた薬を貰っていた。お礼に干し肉をデュランに差し上げようとカンナにお使いさせたのだが、結果的にこれがデュランがケン達を小屋ごと爆破しようとしたのを阻む結果となった。翌日また発作を起こしたらしい。
TVアニメ版にのみ登場。

ダンテに壊滅させられた村の人達
 ダンテ一味が、ケンシロウの所在を確認した後、作戦開始までの滞在場所として選んだ村。バーのマスターや客など全員殺され、食料や酒などを好き勝手に貪られた。武器を持ってかけつけた村人達もダンテの拳、部下達のブーメランによって殺され、死体となった体にダンテからの死の接吻をプレゼントされた。
TVアニメ版にのみ登場。


15話


ザリアの手下達
 街でカレンをナンパしていたザリアの部下達。訪れたケンに両腕を使え無くされて逃げようとする。しかしその行動がザリアの怒りに触れたため、ザリアの南斗暗鐘拳で体を真っ二つにされ、死亡した。
TVアニメ版にのみ登場。

黒装束を纏った兵士達
大聖堂でケンを待ち受けていた黒装束の男達。北斗百方斬で全滅したが、後に体のデカイ2人は南斗暗鐘拳で生き返った
TVアニメ版にのみ登場。

ザリアの術で蘇った兵達
 ザリアの部下(黒装束)の中の2人。北斗百方残で首から上を失ったにもかかわらず、ザリアの南斗暗鐘拳で再び行動をを開始し、人質を取られて動けないケンを襲おうとした。しかしリンをカレンが救ってしまったため、自由になった拳に命奪崩壊拳を喰らい消滅。
TVアニメ版にのみ登場。

ザリアに支配される村人達
ザリア支配下の村に住む人々。ザリアのに食料の殆どを納めさせられている。ザリアの南斗暗鐘拳で操られ、武器を持ってケン達を襲ったが、ザリアが死んだ途端呪縛は解けた
TVアニメ版にのみ登場。

16話



スネーク軍団
 大型野党集団。ボスはジャンク。スコルピオと対立しており、2組のアジトの中心にある村を半分に割って支配している。スネークが支配しているのは村の東側で、アジトは教会。チームカラーは青で、全員ハゲ。全員肩当てに蛇のマーク。
 街の中でハーモニカを吹いていたバットにいちゃもんをつけて襲いかかったが、セラにリンゴで買収されてその場は帰った。ジョーカーからケンシロウ抹殺の令がきた後、スコルピオよりも早くケンシロウのいる場所を発見してセラの家に襲撃をかけたが、ケンシロウにあっさりあしらわて退散。最後のスコルピオの決闘でほぼ全滅し、残った者もケンの翻車爆裂拳で滅した。

TVアニメ版にのみ登場。

スコルピオ軍団
 大型野党集団。ボスはバロン。スネークと対立しており、2組のアジトの中心にある村を半分に割って支配している。スコルピオが支配しているのは村の西側で、チームカラーは赤。全員髪の毛ふさふさ。肩当てに蠍のマーク。ケンシロウをチームに加えて意気揚々とスネークに喧嘩を売ったが、ケンが何もしてくれなかったせいで劣勢に立たされた。
TVアニメ版にのみ登場。

スネークとスコルピオに支配される村人達
 東側をスネーク、西側をスコルピオと、東西半分ずつ占領されている街に住む人々。バットのハーモニカダンスを見物していたが、有料になった途端帰ってしまった。東側に住む者達はスネーク達に一日の収穫を水一杯と交換して貰っている。
TVアニメ版にのみ登場。


17話


サザンクロスの奴隷達
 いろいろな町や村で捕らえられ、サザンクロスへと連れてこられた人達。奴隷の証として、胸に十字の焼印を押されている。
TVアニメ版では ユリアの像を作らされた。その後、バルコムの乱に巻き込まれ、暴徒とかしたKING軍団によって殆ど殺されてしまった。

シンに倒された盗賊
 ユリアのために遮二無二走るシンが侵攻した村の盗賊の一人。青龍刀を振りかざしたが、シンのとび蹴りで胴体にどでかい穴をあけられて死亡した。


18話


ジーナの村の人々
 ジェニファー達の住むジーナの村の住人。ケンを倒すために来た塊し屋軍団、サンダー軍団等に沢山人を殺されたため、それを教訓としてバリケードを作ったが、それもゴールドウルフ軍の南斗人間砲弾でアッサリ飛び越えられてしまい、捕虜とされた。寸前に村を出たジェニファーや、戻ってきたバット達によって解放される。
TVアニメ版にのみ登場。

塊し屋軍団
ウルフの部下。鉄球付きのクレーンやブルドーザーを使って戦う。両方ケンに破壊された後は素手で立ち向かっていったが、全員北斗千連脚で全滅した。
TVアニメ版にのみ登場。

サンダー軍団
ゴラスの部下。全員元スピードレーサーで、広い荒野で真の力を発揮するらしい。リンとバットをさらってケンを荒野に誘き出し、多少苦しめたものの結局全員殺された。
TVアニメ版にのみ登場。

ユリアの身代わりになった女
 ユリアがサザンクロスから逃げるための時間稼ぎとして、ユリアの影武者となり、シンの前でハープを弾いていた女。ケープで顔を隠してユリアになりすましていたが、微妙な弾き方の違いをシンに気付かれてしまい、ばれた。その後裏門から逃げようとしていたユリアの元へと連れて行かれ、ユリアを城内へ戻らせるための人質として使われた。
TVアニメ版にのみ登場。

サザンクロスの門番
 サザンクロスの門を守っているKING兵達。変装したユリア達に外に出すよう頼まれるが拒否。正体を現したユリアに、シンの命令だから通せと言われても拒否。しかしサキが銃を突きつけるとアッサリ門を開けてしまった。
TVアニメ版にのみ登場。


19話


KING軍暗殺隊
 わざとキャンプ跡を残していくことでケン達を誘き寄せ、岩陰からナイフ発射式の銃で暗殺しようとしたKING兵達。しかし殺気を感づかれてしまい、発射したナイフを全てヌンチャクで跳ね返され、死亡した。
TVアニメ版にのみ登場。

ゴールドウルフ軍団
 KING配下。ガレッキーの部下。ジーナの村にまだケンシロウが居ると思いこみ、ガレッキーの食事が済むと同時に村を侵攻。南斗人間砲弾にてバリケードを飛び越え、村に侵入し、村人全員を捕らえた。その後、村に帰ってきたケンシロウに再び南斗人間砲弾を使って襲いかかるが、ケンとの壮絶な空中戦の末、全滅。
TVアニメ版にのみ登場。

ブラックバード軍団
 KING配下。マハリの部下。一人乗りのジャイロヘリに乗って、爆弾投下や槍を発射したりして戦う。ゴールドウルフ軍に占拠されたジーナ村へ戻るため、バイクを走らせていたケンに襲いかかった。槍攻撃でバイクを破壊することには成功したが、爆弾は通用せず、逆に槍を投げ返されたりしてまず何機か墜落。続いてマハリのヘリを手に入れたケンの暴走運転によって混乱をきたし、何機かが衝突。残りもプロペラを壊されたりして、ジーナ村へ着く頃には全滅した。
TVアニメ版にのみ登場。

ガレッキーをせかした男
ガレッキーの部下の一人。懐中時計が食事の時間を知らせたという理由でジーナの村を攻めるのを三時間後にしたガレッキーに対し、そんな悠長な態度がKINGに知られたら、と進言。しかし、食事の時間を守るのがガレッキー家のしきたりだと一刀両断された。
TVアニメ版にのみ登場。

テムジナを鞭うつ男
 サキの罪を変わりに受けることになったテムジナを、しこたま鞭で打っていた男。止めに入ったサキにも鞭を浴びせたが、制止した男がシンとは知らずに殴りかかってしまったため、胸を貫かれて殺された。
TVアニメ版にのみ登場。

テムジナを追跡した部隊
 サザンクロスから脱出したテムジナを追ってバイクで出動した部隊。ナイフ銃でで傷を負わせることまでは成功したが、ガケをジャンプで飛び越えるというテムジナのドライビングテクについていくことが出来ず、取り逃がした。
TVアニメ版にのみ登場。

シンの侍女達
 シンが侍らせている侍女二人。真っ裸のシンの身体を拭き、ガウンを着せた。
TVアニメ版では原作の場面には登場せず、テムジナが鞭打たれている現場につきそった。
TVアニメ版にのみ登場。

ジーナの村のメガネ男
 ジーナの村に住む男。小太り。ジェニファーと共に村の見張りをしていたところ、ゴールドウルフ軍が責めてきたのを発見して大慌て。ケンに危機を知らせるため、ジェニファーと共に、ゴールドウルフ軍に囲まれた村からバイクに乗って脱走した。ジェニファーが自らのバイクを犠牲にして追っ手を全滅させたため、その後はケツにジェニファーを乗せたままケン達の元へと向かった。バットのバギーに乗って村へと帰ってきて、捕らえられた村人達を解放する手助けをした。
TVアニメ版にのみ登場。

ロミロの母とカシムの母
 ジーナの村に住む子供、ロミロの母(右)とカシムの母(左)
気球で舞い上がっていく子供たちの名を呼んだ。
TVアニメ版にのみ登場。


20話



武装バギー軍団
 KING配下。ヒドラの部下。戦闘用に改良したバギーを使って戦う。サザンクロスへ向けてひた走るケン達の前に向かってバギーで突撃してきたが、リンに手榴弾でやられたり、バットのナイスドライビングテクで仲間同士衝突したりなど散々な目に。バギーを降りたケンに鎖を巻き付けて6台のバギーで引っぱるも、結局は綱引きに負けて全員死亡した。
TVアニメ版にのみ登場。

列車砲戦艦隊
 KING配下。トウダの部下。南斗列車砲を操縦したり、砲弾を発射するための弾込めをするのが仕事。弾込めに手間どってしまったため、ケンに列車砲への乗車を許してしまった。ヤケクソでケンに襲いかかるも、北斗縦列破でほぼ全滅させられてしまい、残ったスタッフはトウダを追うように指示され、ケンの言うとおりに列車を操縦。その後、列車砲が秘密要塞に激突した際に、皆死んでしまったのではないかと思われる。
TVアニメ版にのみ登場。

KING軍偵察隊
ケン達が武装バギー軍団を倒したところを双眼鏡で見ていた奴。直ぐにその報告はジョーカーへ、そしてジョーカーからシンへと伝えられた。
TVアニメ版にのみ登場。

戦艦を爆撃した部隊
 バルコム指揮のもと、ケンが入っている秘密要塞(大戦艦)に爆弾を投下したジャイロヘリ部隊。バルコム自身もヘリにのって参加し、戦艦を火の海にし、ケンを抹殺(したと勘違い)した。
TVアニメ版にのみ登場。


21話


KING軍の幹部達
 対ケンシロウとの総力戦に生き残った部隊の隊長たち。名前や誰がどのチームの頭だとかは不明。KINGに反乱を起こすためにバルコムに集められ、ケンを倒した(?)のに報酬がもらえないことに不満を持っていたこともあって賛同。ユリア像の建てられた建物内で待ち伏せ、一斉にシンに襲い掛かった。爆薬でシンを倒したと確信した後、(画像左上の奴が)ユリアを捕らえようとしたが、シンがどこからともなく投げた何かを喰らい、像の台の上から落下。あとの4人はvsシンの時にバルコムの横にいたり、サザンクロスに火を放った後仲間内で殺し合いをしたりしていた。
TVアニメ版にのみ登場。

サキを送り届けた老人
 サキを乗せたトラックを運転し、サキの村まで連れていった男。村へ到着してサキをトラックから出し、シンがサキをサザンクロスから追放せねばならなかった経緯を教えた。
TVアニメ版にのみ登場。


22話


KINGの親衛隊
 バルコムの甘い誘いにのらず、最後までサザンクロスに残ってシンのために闘ったKING軍達。北斗旋風連撃にて全滅した。
TVアニメ版にのみ登場。


ケンを物陰から襲った男
 シンと戦闘中のケンに、背後から斧を振りかざして襲いかかってきた男。ケンを振り向かせることもできないままこめかみの秘孔を突かれて死亡。