TOP

帝都/天帝軍
ていと    てんていぐん





 拳王亡き後の世界に現れた巨大軍事勢力。かつて拳王軍が支配においた大陸の大半を軍力で制圧し、各地に郡都(エリア)と呼ばれる拠点を作ることで勢力圏を拡大。対抗勢力を寄せ付けぬその強力な支配は、やがて貧富階層の社会を生み出した。本拠地は中央帝都と呼ばれる電気の光に包まれた建造物であり、その地下では奴隷達による地獄のような発電作業が日夜行われている。

 「天帝」と呼ばれる存在を頂点とする組織であるが、実質的な指揮権は総督ジャコウにあり、自らの言葉こそが天帝の言葉であるとしてその実権を握っている。だが実際は、天帝はジャコウによって幽閉されており、帝都の活動に天帝の意思は全く無いというのが実情である。ジャコウに次ぐ立場であるのが、その息子であるジャスクシーノであり、その下にいるのが元斗皇拳の使い手の将軍達である。天帝軍の力を担うのは彼らの実力に依る部分が大きく、特に元斗皇拳伝承者であるファルコは、南斗の拳士達の多くを葬り、ケンシロウと互角の戦いを展開するほどの力量を持つ。その他、郡都に配属されている郡司令達にも特殊能力を持つ実力者達が多く見受けられる。

 帝都の支配下では「ジュドル」と呼ばれる通貨が流通しており、帝都に反逆の意思を持つ者は、賞金首として、この貨幣を報酬とする懸賞金がかけられている。また、その賞金首を捕らえることを生業とする賞金稼ぎなる者達も存在し、彼らは事実上帝都の手先のような扱いとなっている。

 北斗の軍なるレジスタンス部隊の躍進に手を焼き始めていた頃、伝説の男ケンシロウまでも復活し、敵側に合流。各地の郡都が次々と陥落させられた挙句、遂には中央帝都にまで攻め込まれてしまい、迎えうった部隊は悉く全滅。ジャコウは最後の砦としてファルコを挑ませるが、アイン達の手によってルイが救出されたため、呪縛から解き放たれたファルコの手によってジャコウは滅殺。ファルコの仕掛けた爆弾によって中央帝都も崩れ去り、事実上軍は壊滅した。



◆天帝軍団員リスト

[天帝]
ルイ
 天帝の血を引く少女。地下の作業場に監禁されている。


[総督]
ジャコウ
 帝都の総督。天帝を幽閉し、その実権を握る。


[総督の側近]
ジャスク
 ジャコウの長男。リンを修羅の国へと連れ去る。
シーノ
 ジャコウの次男。ショウキを暗殺する。


[将軍]
ファルコ
 金色将軍。元斗皇拳伝承者。
ソリア
 紫光将軍。ケンシロウの行く手を阻む。
ショウキ
 赤光将軍。ケンシロウの恩人。
タイガ
 緑光将軍。原作のジャスクのポジション。
ボルツ
 青光将軍。原作のシーノのポジション。
バトロ
 「パチスロ 新伝説創造」に登場した将軍。ルイの養育係。
アスラ
 「パチスロ 新伝説創造」に登場した最高位の将軍。
オグル
 「パチスロ 新伝説創造」に登場した将軍。バットの師。
ビジャマ
 「パチスロ 新伝説創造」に登場した将軍。帝都のフィクサー。
ブロンザ
 北斗の拳2(FC)に登場した赤光将軍。無想転生を使える。


[市都]
市都の長
 市都の長官。北斗の軍に砦を落とされ、敗走した。


[郡都]
バスク
 西の中枢郡都の郡司令。華山獄握爪の使い手。
バロナ
 バスクの副官。
ゲイラ
 郡司令の一人。催眠術の使い手。
ザク(ゾング)
 郡司令の一人。名前だけ登場。アニメ版ではゾング。


[収容所]
ベロン
 A級反逆者収容所の所長。アニメでは郡司令の一人。
副所長
 A級反逆者収容所の副所長。北斗の拳2(FC)の中ボス。


[司刑隊]
司刑隊隊長
 司刑隊の隊長。
ゲルド
 ムハリの村に司刑官として送られた男。
ダルジャ
 X郡都の司刑隊の隊長。


[その他]
ミュウ
 ファルコの恋人。後に子を身篭る。
サイヤ
 ファルコの兵の一人。
ゾルバ
 北斗の墓に潜み、訪れる者を抹殺する男。
ザルジ
 ゾルバの相棒。


[協力者/賞金稼ぎ]
アイン
 賞金稼ぎの一人。後に北斗の軍に加わる。
ゴル
 アインの一味の一人。
レン
 アインの一味の一人。後に裏切る。
ブゾリ
 自称街一番の賞金稼ぎ。





◆帝都の軍団・部隊

司刑隊
帝都が支配する郡都で大きな権力を持つ隊。自分達が法律であると自負し、帝都への反逆の意思ありとみなした者を強制収容所に送ったり、その場で処刑したりしている。囚人の護送中に北斗の軍に襲われた際は、囚人達を焼死させ、隊長はまんまと逃亡した。

治安正規兵
治安という名の下に中央帝都から各郡都へと派遣される最強非情の精鋭。ケンシロウによって壊滅させられた郡都の正規兵は、難民となってバスクの郡都へとおしかけた。

X郡都の司刑隊
ダルジャが率いる、X郡都を根城とした司刑隊。数々の村を破壊し、ケンシロウが隠遁生活を送る村をも襲撃して子供数人を人質として連れ帰った。その後、黒王号に跨ったショウザの特攻は退けるが、後を次いで現れたケンシロウにダルジャが倒された。

ゲルドの司刑隊
司刑官ゲルドが率いる司刑隊。ムハリらの住む村に配属され、赤龍党の残党狩りを行ない、ムハリをも抹殺した。夜に赤龍党の残党達の夜襲を受け、さらにケンシロウの乱入を受け壊滅。

天帝軍特殊部隊
かつてゲルドが所属していたという部隊。赤龍党と抗戦していたらしい。詳細は不明。

郡都Gの部隊
TVアニメ版に登場した郡都の部隊。ケンシロウ一人に壊滅させられた。

バスクの軍
郡司令バスクをリーダーとした治安正規兵の軍団。副官はバロナ。他所の郡都の正規兵が難民となって押し寄せてきたのを見て、不穏な動きを感じ、たまたま捕らえた女を逆賊リンとして処刑しようとした。しかし処刑場に乱入してきたケンシロウによって、バロナとバスクは葬られ、それに呼応して村人達が反乱を起こし、全滅させられた。

ゲイラの軍
郡司令ゲイラの軍。郡都に北斗の軍が近付いているとして門を閉めるが、その門をぶちやぶってアインが乱入。その後、ゲイラはアインを雇ってケンシロウにぶつけるも、惨敗を喫し、兵たちは戦意喪失。ゲイラもケンシロウに葬られた。

ザクの郡都の部隊
ザクを郡司令とする郡都の軍勢。北斗の軍に壊滅させられた、という報告の中でのみ登場。TVアニメ版では司令官の名がゾングになっていた。

最後の郡都の軍
最後に残った郡都の軍勢。バットとアインを中心とした北斗の軍の夜襲を受け、明朝までには壊滅させられた。TVアニメ版ではベロンが郡司令となっているが、留守中につき襲撃には遭っていない。

A級反逆者収容所の所員
帝都に反逆した者を収監している収容所の所員たち。所長はベロン。市都からの命で囚人達を全員処刑しようとしたが、アインらの襲撃を受け、囚人は全員解放させられた。北斗の拳2(FC)ではここの副所長が中ボスとして登場する。

市都の軍
帝都にとっての要所である市都を拠点とする軍団。勢いに乗った北斗の軍の勢いを止められず、壊滅した。長と幾人かの兵は逃亡したが、その先でファルコに遭遇し、市都の長が処刑されている。

ソリアの軍
紫光のソリアが率いる軍団。北斗の軍のもとへと向かうケンシロウの行く手を遮る形で立ちはだかった。ソリアはケンシロウとの戦いの果てに死亡したが、そのご兵たちがどうなったのかは不明。
TVアニメ版ではマミヤの村を襲撃し、そこでケンシロウと戦った。

ショウキの軍
赤光将軍のショウキが率いる軍団。原作のソリアの軍のポジションにあたり、ケンシロウの行く手を塞いだ。戦いの中で仮面が割れ、ケンシロウに正体を知られたショウキは、部下達に道を開けるよう命じ、ケンシロウを通した。

ファルコの軍
ファルコが率いる軍。兵達はファルコの人間性に惹かれており、将軍のためならば自らの命を捨てることさえ本望と考えている。北斗の軍と抗戦し、ファルコの力とその数で圧倒。だがその後、ハーン兄弟が乱入し、彼らが起爆させた不発弾の爆発からファルコを守り、その場にいた兵は全滅した。後に兵たちは、中央帝都の守備隊に加わり、主門の前でケンシロウと抗戦。ジャコウが巨大な鉄矢でファルコを殺そうとした際には、自らの体を盾として将軍を守った。TVアニメ版では、ハーン兄弟に挑み、南斗双鷹拳で返り討ちにされるというシーンがある。

総督直轄軍
第二の門を超えてきたケンシロウに襲い掛かった軍隊。前面に無数の棘をつけた戦車で特攻したが、跳躍で軽くかわされた挙句、運転席を乗っ取られ、指揮官はヌンチャクで首を折られ死亡。そのまま戦車を乗っ取られ、味方と同士討ちさせられた。TVアニメ版には登場せず。

鉄騎団
闘いで傷ついたケンシロウとファルコに向けて巨大な鉄の矢を発射した部隊。、初弾の矢はケンやファルコの兵達に止められ失敗。ならばと今度は爆弾つきの矢をセットするが、アインが噴出させた地下水によって押し流され、散りぢりになった。その後、ケン達を倒せば帝都の長にしてやるとジャコウに言われ、衰弱した二人を襲撃するも、だがケンの振り回す鉄の矢の前に薙ぎ払われ、一瞬で全滅した。TVアニメ版では、地下のアイン達に岩を崩落させたときにも姿がある。

ジャスクの部隊
帝都崩壊後に修羅の国へと渡った、ジャスク率いる残党軍団。上陸した瞬間に修羅に全滅させられた。TVアニメ版ではタイガが率いている。



◆帝都に関係する組織


賞金稼ぎ
帝都から賞金首として手配されている者達を捕らえる事を生業とする者達。アインブゾリなどが凄腕として知られている。懸賞金は、帝都が作った流通貨幣であるジュドルで支払われる。TVアニメ版では、郡都のボスのベロンが、賞金稼ぎたちと持ちつ持たれつのいい関係を築いており、レンなどを実質上の子分のように扱っていた。

賞金首
帝都から懸賞金をかけられている指名手配者たち。主に帝都に反抗した者達であり、捕われた者達は郡都へと運ばれた後、収容所へと収監される。北斗の軍のリーダーであるリンバットや、赤龍党の残党であるムハリヘルゲなどに高額の賞金がかけられている。北斗の拳3にはタワバなる賞金首が登場し、アスカを人質にとった。

北斗の軍
リンバットをリーダーとした、帝都に反抗するするレジスタンス部隊。戦いの中でケンシロウをも仲間に加え、その勢いのままに次々と郡都を陥落させた。
詳細は「用語紹介:北斗の軍」へ。

赤龍党
かつて帝都に反抗したレジスタンス部隊。現在は解体し、残党たちはとある村に隠れ住んでいるが、当時の参謀であったムハリや、メンバーの一人であったヘルゲなどは、賞金首として高額の懸賞金がかけられている。



◆中央帝都
天帝軍の本拠地。ジャコウが天帝の威を借り、総督として造り上げた城であり、闇を畏れるジャコウの性格を反映し、眩いまでの電気の光で包まれている。電気は地下の発電所で作られており、各地から連れてこられた村人達が、奴隷として発電作業を強いられている。一度ここに捕われた者は、文字通り死ぬまで働かされ、死体は袋詰めされて地下の水路から運河へと流される。地下の水掘作業場には、天帝であるルイが監禁されている。
詳細は、「用語紹介:中央帝都」を参照。




◆市都(シティ)
帝都が支配する地区の一つ。郡都よりも大きな町だが、勢いに乗った北斗の軍の勢いを止める事が出来ず、あえなく壊滅した。市都の長は逃亡に成功したが、その道中でファルコに遭遇し、処刑されている。
少し前には、A級反逆者収容所に、囚人全員を処刑するよう命令を送っている。





◆郡都(エリア)
 各地に点在する天帝軍の砦。郡司令と呼ばれる将が支配している。街の中に建てられている郡都や、砂漠に城だけが孤立して建てられている郡都もある。ケンシロウや北斗の軍によって次々と陥落させられ、やがて最大規模の城砦である市都もその勢いに飲み込まれた。

X郡都
ダルジャ率いる司刑隊が支配する郡都。ショウザらが暮らす村から浚った子供達を、民衆の前で処刑しようとした。その後、黒王に跨るショウザの襲撃を受け、数百の兵による矢の乱射で撃退に成功したものの、次いで現れたケンシロウの前にダルジャはあっという間に葬られた。
Special episode「我が背に乗る者」の中で登場。尚、この話の中では郡都は「エリア」でなく「ぐんと」と振り仮名が打たれている。

司刑隊のいる郡都
都が支配する郡都のひとつ。平安が生んだ貧富階層の差が如実に現れている。司刑隊によって統治されており、街中で帝都を批判していたジョウは司刑隊の男に捕まり、その場で処刑された。その後、その司刑隊の男がバットとリンの手配書を眺めていたところ、後ろからケンシロウが現れ、ボコボコに殴り殺されている。

西の中枢郡都(バスクの郡都)
バスクが治める郡都。治安正規兵によって統括されている。近くの郡都がケンシロウの手によって幾つも壊滅させられており、行き場を失った正規兵たちが難民となってこの郡都へと押しかけた。
ここを落とせば戦闘が有利になるとして、バットとリン自らが偵察へと訪れていたが、そんな中、バロナがネネなる女をリンと間違えて捕獲。偽者でもかまわないとして、バスクはその女を処刑するよう命じた。


闘技場
バスクが、捕らえたネネを「北斗の軍のリーダーのリン」として公開処刑に処そうとした闘技場。リンとバットが我慢できずに助けに入ろうとしたが、その直前、ケンシロウが黒王に跨って登場。バロナとバスクを葬り去り、それにあわせて民衆も反乱を起こし、場は戦場と化した。そんな中、リンとバットはケンシロウと数年ぶりの再会を果たし、その奇跡に涙した。

郡都J5(西の郡都)
ケンシロウによって壊滅させられた郡都。バスクのもとにその壊滅の報が入れられただけで、実際には登場していない。原作では「西の郡都」とだけ呼ばれていた。

ザクの郡都
ケンシロウ率いる北斗の軍に潰された郡都。ゲイラの郡都に、壊滅の報が入れられた。TVアニメ版では「ゾングの郡都」となっている。

ゲイラの郡都
ゲイラが郡司令を勤める郡都。バスクの郡都の生き残りから、ケンシロウ率いる北斗の軍の接近を知らされ、あわてて閉門。しかし賞金首を届けに来たアインのブルドーザーによって衛門は大破され、後から現れた北斗の軍に、労せず入城を許した。その後、ゲイラがアインをけしかけるが、全く相手にならず、ゲイラ自信もケンシロウに倒され、郡都は陥落した。
アインやブゾリなど、賞金稼ぎたちが捕らえた賞金首をよく換金訪れている姿が見受けられる。

郡都F
帝都が支配する郡都の一つ。ここから送られてきた囚人6名が、地下の発電所送りにされ、後にその事がジャコウへと報告された。

群都KG
帝都が支配する郡都の一つ。帝都兵によるジャコウへの報告において、反乱軍が鎮圧された事が伝えられた。

群都JA
帝都が支配する郡都の一つ。帝都兵によるジャコウへの報告において、反逆者の処刑が済んだことが報告された。

群都XL
帝都が支配する郡都の一つ。帝都兵によるジャコウへの報告において、捕らえた者全員が収容所に連行されたことが伝えられた。

群都RZ
帝都が支配する郡都の一つ。帝都兵によるジャコウへの報告において、囚人護送車が北斗の軍に襲われた事が伝えられた。

郡都G
砂漠にある郡都。ケンシロウが単身乗り込み、壊滅させられた。

西の最後の郡都
TVアニメ版で、北斗の軍が陥落させた郡都。先遣隊がまず攻撃した後、バット率いる本隊の二段攻撃を受けて壊滅した。原作のA級反逆者収容所のポジションでもあり、囚われていた囚人たちが解放されたほか、地下にはハーン兄弟が囚われている。二人を発見したバットは、二人をコンクリートで固められた状態のままで連れ出した。

最後の郡都(ベロンの郡都)
バットがアインと共に攻め込んだ郡都。夜中に二人で攻め込み、後を次いで北斗の軍のメンバー達も城壁を越えて参加し、明け方には陥落した。これにて帝都の郡都を全て陥落させたバットは、次の目標を市都へと定めた。
TVアニメ版では、原作のA級反逆者収容所の所長であるベロンが、ここの郡都の長という設定に。アインやレンなどの賞金稼ぎたちと持ちつ持たれつの関係を築いていた。郡都陥落後、良くしていたアインに裏切られた事で激怒したベロンは、レンに命じてアスカを連れ拐わせている。名称も、「西の砂漠最後の郡都」に変更されていた。



◆その他の帝都の施設

強制収容所(デスビレッジ)
帝都への反逆者を収容する収容所。司刑隊の隊長が、帝都侮辱罪でジョウを入れようとしたが、既に満員だったため、ジョウはその場で処刑された。

A級反逆者収容所
帝都が管理する収容所。帝都への反逆罪などで捕らえられた囚人達が収監されている。ここが破られれば囚人達が反乱軍に加わるとして、囚人全員が処刑されかけていたが、ハーン兄弟を解き放たんとするアインが襲撃。レンがアスカを人質にとったため、形勢逆転となった所長はアインをいたぶったが、ケンシロウの登場にって更に形勢逆転となり、レンも所長も抹殺された。

特別房
ハーン兄弟が囚われている地下の特別房。体をコンクリートで固められ、上から止むことなく水滴が落ちてくるという拷問に処されている。二人を解き放とうとするアインの意向を受け、ケンシロウが訪問。手刀でコンクリートを破壊し、二人を解放した。

砂漠の野営地
TVアニメ版で、郡都を潰されたベロンが、仮のアジトとして作った野営地。レンを使ってアスカを誘拐し、ここへ監禁した。その後、訪れたアインやケンシロウの前にベロンらは叩き潰され、アスカは救出されている。